金融庁、企業開示課長が交代【IFRS】前監督局証券課長が就任

総務企画局企業開示課長に前監督局証券課長の栗田照久氏が就く。

2011年08月02日 20時00分 公開
[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 金融庁は8月2日付で、総務企画局企業開示課長に前監督局証券課長の栗田照久氏が就く人事を発令した。前開示課長の古澤知之氏は、総務企画局市場課長に就く。

 企業開示課はIFRSなどの会計基準、監査基準の整備や公認会計士制度の企画の他、有価証券報告書の審査、EDINETの整備などを行っている。古澤氏は2010年7月30日に企業開示課長に就任。在任期間は約1年だった。総務企画局では、開示担当の池田唯一氏が、8月2日付で総務企画局審議官(開示担当)に就任した。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...