金融庁、企業開示課長が交代【IFRS】前監督局証券課長が就任

総務企画局企業開示課長に前監督局証券課長の栗田照久氏が就く。

2011年08月02日 20時00分 公開
[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 金融庁は8月2日付で、総務企画局企業開示課長に前監督局証券課長の栗田照久氏が就く人事を発令した。前開示課長の古澤知之氏は、総務企画局市場課長に就く。

 企業開示課はIFRSなどの会計基準、監査基準の整備や公認会計士制度の企画の他、有価証券報告書の審査、EDINETの整備などを行っている。古澤氏は2010年7月30日に企業開示課長に就任。在任期間は約1年だった。総務企画局では、開示担当の池田唯一氏が、8月2日付で総務企画局審議官(開示担当)に就任した。

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。