2011年10月07日 20時00分 公開
ニュース

上場企業の財務情報を英文で掲載、無償サービスが公開【IFRS】東証TDnetのXBRLデータを活用

東証の電子適時開示サービス「TDnet」のXBRLデータを利用し、英文で情報提供する。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 ディーバ子会社のインターネットディスクロージャーは10月6日、国内上場企業の財務情報を英文で掲載する投資家向けの無償インターネットサービス「KaijiNet/JapanExpress」のベータ版を公開した。東証の電子適時開示サービス「TDnet」のXBRLデータを利用し、英文で情報提供するという。

 JapanExpressでは会社名や業種で目的の上場企業を検索可能。英文で企業の基本情報、決算短信(四半期を含む)のサマリー情報、財務諸表、主要な財務数値のチャートを確認できる。英文の財務情報はTDnetのXBRLデータから取得していて、通常であればTDnetで配信されてから数分でJapanExpressに掲載される。決算発表の集中日などは掲載まで多少時間がかかるとしているが、それでも10分以内には掲載できるという。

「KaijiNet/JapanExpress」のトップページ
掲載される情報

 企業ごとの基本情報ページには「IRスペース」が設けられていて、企業は自社のメッセージやリンク、ロゴなどを有償で掲載できる。価格は未定だがインターネットディスクロージャーは「できるだけ多くの企業に掲載してもらいたいので、低価格にしたい」としている。現在はディーバ、インフォテリア、Logitem VietnamがIRスペースを使っている。

 投資家向けサービスとしては他に企業の比較分析、Excelシートのダウンロードなどの機能を有償で提供予定。2011年中に本サービスとして提供開始する計画だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

news162.jpg

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news029.jpg

P&Gが「ショッパー」のニーズを満たすために全社横断でやっていること
「LINE BIZ DAY BREAKOUT BRAND&DIRECT」で発表された事例の中から、P&Gが実施したデジタ...