2011年12月21日 13時00分 公開
ニュース

オールSSD構成のOLTP処理向けストレージ EMCジャパンNEWS

基幹システムの高速なOLTP処理を想定し、全てSSDで構成されるストレージ製品を販売開始。併せて高密度ドライブシャーシの提供も開始した。

[TechTargetジャパン]

 EMCジャパンは12月20日、OLTP処理向けストレージ新製品「EMC VNX5500-F」(以下、VNX5500-F)の販売を開始した。全てソリッドステートドライブ(SSD)で構成されるモデルで、同社のユニファイドストレージ製品群「VNX」シリーズにラインアップされる。

photo VNX5500-F

 VNX5500-Fは、基幹系システムにおけるOracle DatabaseMicrosoft SQL ServerなどのOLTP環境で求められる要件に対応するよう設計されたストレージ。100Gバイトまたは200GバイトのSSDを25〜250基まで搭載可能。

 VNX5500-Fの処理性能についてEMCは、SSDを含まないHDDのみで構成されたVNXとの比較結果を発表している。それによると、Oracle DatabaseのOLTP環境ではVNX5500-Fが10倍の処理性能を実現するという。また、VNX5500-Fはローカルおよびリモートでのデータ保護やアプリケーション保護、セキュリティ、コンプライアンス機能など既存のVNXシリーズの機能を搭載している。

 EMCジャパンは同時に、VNXシリーズの高密度ドライブシャーシの提供も併せて開始した。このシャーシは4U当たり60基のドライブを搭載でき、SSDやSAS、ニアラインSASドライブなどを搭載する。同社によると、このシャーシと3TバイトのニアラインSASドライブを組み合わせた場合、フロアタイル当たり1.6P(ペタ)バイトの情報を保存でき、データ保存に必要な設置面積を最大60%削減できるという。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...