2011年12月21日 13時00分 公開
ニュース

オールSSD構成のOLTP処理向けストレージ EMCジャパンNEWS

基幹システムの高速なOLTP処理を想定し、全てSSDで構成されるストレージ製品を販売開始。併せて高密度ドライブシャーシの提供も開始した。

[TechTargetジャパン]

 EMCジャパンは12月20日、OLTP処理向けストレージ新製品「EMC VNX5500-F」(以下、VNX5500-F)の販売を開始した。全てソリッドステートドライブ(SSD)で構成されるモデルで、同社のユニファイドストレージ製品群「VNX」シリーズにラインアップされる。

photo VNX5500-F

 VNX5500-Fは、基幹系システムにおけるOracle DatabaseMicrosoft SQL ServerなどのOLTP環境で求められる要件に対応するよう設計されたストレージ。100Gバイトまたは200GバイトのSSDを25〜250基まで搭載可能。

 VNX5500-Fの処理性能についてEMCは、SSDを含まないHDDのみで構成されたVNXとの比較結果を発表している。それによると、Oracle DatabaseのOLTP環境ではVNX5500-Fが10倍の処理性能を実現するという。また、VNX5500-Fはローカルおよびリモートでのデータ保護やアプリケーション保護、セキュリティ、コンプライアンス機能など既存のVNXシリーズの機能を搭載している。

 EMCジャパンは同時に、VNXシリーズの高密度ドライブシャーシの提供も併せて開始した。このシャーシは4U当たり60基のドライブを搭載でき、SSDやSAS、ニアラインSASドライブなどを搭載する。同社によると、このシャーシと3TバイトのニアラインSASドライブを組み合わせた場合、フロアタイル当たり1.6P(ペタ)バイトの情報を保存でき、データ保存に必要な設置面積を最大60%削減できるという。

ITmedia マーケティング新着記事

news170.jpg

自撮り写真の加工はメイク? 整形?――ByteDance「Ulikeユーザー白書」
ナチュラルに盛れると人気のカメラアプリ「Ulike」のユーザー調査。もっとも、カメラアプ...

news133.jpg

アレン・マイナー氏×境真良氏 「日本企業的DX」の神髄とは何か
異色の大物対談で語られたDX(デジタルトランスフォーメーション)の核心とは何か。

news059.jpg

世界のCMOの62%が今後1年間マーケティング予算は削減か横ばいと回答――電通インターナショナル調査
電通インターナショナルが世界規模で実施した「CMO調査2020」の結果です。