モバゲーのディー・エヌ・エーがIFRS適用へ【IFRS】任意適用5社目

2013年3月期の第1四半期(4〜6月)から適用し、開示する。

2012年02月08日 20時00分 公開
[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 ソーシャルゲーム事業「Mobage(モバゲー)」を展開するディー・エヌ・エー(DeNA)は2月7日の決算説明会で2013年3月期からIFRS(国際財務報告基準、国際会計基準)を適用する方針を示した。2013年3月期の第1四半期(4〜6月)から適用し、開示する。同社 代表取締役社長の守安功氏が述べた。

 守安氏は「現状精査しているが、(IFRS適用で)若干、来期の開示の数字が変わる」と話した。これまでIFRSを適用したのは日本電波工業、HOYA、住友商事、日本板硝子。DeNAが適用すれば5社目となる。

ITmedia マーケティング新着記事

news014.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年5月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news129.jpg

SNSアカウントのビジネス貢献を明らかにするための調査サービス テテマーチが提供
フォロワーの属性や状態を明確に把握し、彼らの態度や行動を変容させるためにSNSがどう寄...

news096.jpg

Googleの「サーチトランスフォーメーション」で広告はどう変わる?
Googleは広告主向けの年次イベント「Google Marketing Live 2024」において、広告やコマ...