2012年02月08日 20時00分 公開
ニュース

モバゲーのディー・エヌ・エーがIFRS適用へ【IFRS】任意適用5社目

2013年3月期の第1四半期(4〜6月)から適用し、開示する。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 ソーシャルゲーム事業「Mobage(モバゲー)」を展開するディー・エヌ・エー(DeNA)は2月7日の決算説明会で2013年3月期からIFRS(国際財務報告基準、国際会計基準)を適用する方針を示した。2013年3月期の第1四半期(4〜6月)から適用し、開示する。同社 代表取締役社長の守安功氏が述べた。

 守安氏は「現状精査しているが、(IFRS適用で)若干、来期の開示の数字が変わる」と話した。これまでIFRSを適用したのは日本電波工業、HOYA、住友商事、日本板硝子。DeNAが適用すれば5社目となる。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...