2012年07月17日 20時00分 UPDATE
ニュース

【IFRS】「最終スタッフ報告」が公開SEC、米国企業のIFRS適用について判断示さず

IFRS適用の方針や方法、時期などについての最終的な結論を示す記述はなく、IFRS財団は「残念」とコメントしている。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 SEC(米国証券取引委員会)は7月13日、米国のIFRS適用に関する「最終スタッフ報告」を公開した。しかし、米国企業へのIFRS適用の方針や方法、時期などについての最終的な結論を示す記述はなく、IFRS財団は「残念」とコメントしている。

 最終スタッフ報告は「Work Plan for the Consideration of Incorporating International Financial Reporting Standards into the Financial Reporting System for U.S. Issuers」の名称で、「スタッフによる最終報告」としている。SECがこれまで公表したIFRSについての各種リポートをまとめた内容が中心で、IFRSの米国市場への影響や、IFRSの開発体制、世界の状況などを説明している。

 ただ、最も注目されたいた米国企業のIFRS適用についての方針や方法、時期についての最終的な結論は示していない。SECが今後取るべきステップについての説明もない。SECが今後、追加で何らかの判断を示す可能性はあるが、その時期は不透明。米メディアは2013年以降になるとの見方を示している。SECは当初、2011年中に最終報告を公開するとしていたが、これまで延期してきた。

 SECの最終スタッフ報告についてIFRS財団評議員会議長のミシェル・プラダ氏は最終報告について、「SECに対する次のアクションの提案が伴わず残念」とコメントしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news090.jpg

ABEJA永淵恭子氏のモットーは「一石二鳥」、マーケティング施策の効果を最大化するために
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news081.jpg

経営者になって分かった「真のマーケティング」――空の松村大貴氏に聞く
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news036.jpg

消費税率引き上げに関する企業の意識、実施の是非は拮抗――帝国データバンク調査
帝国データバンクは「消費税率引き上げに対する企業の意識調査」を実施しました。