2012年07月17日 20時00分 公開
ニュース

SEC、米国企業のIFRS適用について判断示さず【IFRS】「最終スタッフ報告」が公開

IFRS適用の方針や方法、時期などについての最終的な結論を示す記述はなく、IFRS財団は「残念」とコメントしている。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 SEC(米国証券取引委員会)は7月13日、米国のIFRS適用に関する「最終スタッフ報告」を公開した。しかし、米国企業へのIFRS適用の方針や方法、時期などについての最終的な結論を示す記述はなく、IFRS財団は「残念」とコメントしている。

 最終スタッフ報告は「Work Plan for the Consideration of Incorporating International Financial Reporting Standards into the Financial Reporting System for U.S. Issuers」の名称で、「スタッフによる最終報告」としている。SECがこれまで公表したIFRSについての各種リポートをまとめた内容が中心で、IFRSの米国市場への影響や、IFRSの開発体制、世界の状況などを説明している。

 ただ、最も注目されたいた米国企業のIFRS適用についての方針や方法、時期についての最終的な結論は示していない。SECが今後取るべきステップについての説明もない。SECが今後、追加で何らかの判断を示す可能性はあるが、その時期は不透明。米メディアは2013年以降になるとの見方を示している。SECは当初、2011年中に最終報告を公開するとしていたが、これまで延期してきた。

 SECの最終スタッフ報告についてIFRS財団評議員会議長のミシェル・プラダ氏は最終報告について、「SECに対する次のアクションの提案が伴わず残念」とコメントしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

Ziplocの「下味冷凍」プロジェクトに学ぶ“ピンチをチャンスに変える”マーケティング
コロナ禍で大きく変わった生活者の動向とメディアニーズ。変化に対して俊敏に対応した成...

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。