2012年12月20日 20時00分 公開
ニュース

楽天が2013年12月期からIFRS適用、JASDAQ上場企業で初めて【IFRS】第1四半期からIFRSで開示

大阪証券取引所によると、JASDAQ上場企業でIFRS適用を公表したのは楽天が初めてだ。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 楽天は12月20日、IFRS(国際会計基準、国際財務報告基準)を2013年12月期から任意適用すると発表した。2013年12月期第1四半期の連結財務諸表からIFRSに基づく開示を行う。大阪証券取引所によると、JASDAQ上場企業でIFRS適用を公表したのは楽天が初めて。

 楽天については、グループの楽天銀行がIFRS適用準備を進めていることを明らかにしていた(参考記事:楽天銀行のIFRSプロジェクト、その1年を追う)。また、楽天 代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏もこれまで、IFRS適用に積極的な姿勢を示していた(参考記事:【事例】トップダウンで始まった楽天銀行のIFRS対応、会計システム刷新を追う)。

ITmedia マーケティング新着記事

news129.jpg

InstagramなどSNS向けクリエイティブをディスプレイ広告に変換 「Nova」を使う意義と効果は?
インティメート・マージャーはソーシャルディスプレイ広告の作成・配信ツール「Nova」の...

news034.jpg

2022年のWeb解析 「GA4」の本格普及でマーケターに求められるスキルセットとは?
マーケティングリーダーが押さえておくべきデジタルテクノロジーのトレンドをエキスパー...

news023.jpg

「SDGsやってます」アピールが広告代理店にこそ必要な理由
広告代理店は広告主の持続可能性対策の伝達に精通している。だが、自社についてはどうか...