2012年12月20日 20時00分 公開
ニュース

楽天が2013年12月期からIFRS適用、JASDAQ上場企業で初めて【IFRS】第1四半期からIFRSで開示

大阪証券取引所によると、JASDAQ上場企業でIFRS適用を公表したのは楽天が初めてだ。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 楽天は12月20日、IFRS(国際会計基準、国際財務報告基準)を2013年12月期から任意適用すると発表した。2013年12月期第1四半期の連結財務諸表からIFRSに基づく開示を行う。大阪証券取引所によると、JASDAQ上場企業でIFRS適用を公表したのは楽天が初めて。

 楽天については、グループの楽天銀行がIFRS適用準備を進めていることを明らかにしていた(参考記事:楽天銀行のIFRSプロジェクト、その1年を追う)。また、楽天 代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏もこれまで、IFRS適用に積極的な姿勢を示していた(参考記事:【事例】トップダウンで始まった楽天銀行のIFRS対応、会計システム刷新を追う)。

ITmedia マーケティング新着記事

news013.jpg

営業の「あるある課題」に挑むインサイドセールス3つの機能
売り上げ1000億円以上のエンタープライズクラスの企業に向けてもインサイドセールスは効...

news175.jpg

ネトフリ「広告付きプラン」は誰得? 業界関係者の反応は……
広告モデルへの一部移行がうわさされるNetflix。新たなプランが増えることで視聴者と広告...

news034.jpg

変革ビジョンはなぜ形骸化してしまうのか?――調査が明かした経営層と現場の社員のギャップ
掛け声ばかり勇ましくて実際の取組みは遅々として進まない――。DXに関して同じ悩みを抱...