2013年07月31日 08時00分 公開
特集/連載

仮想環境の対策に不安、読者調査が示すバックアップ環境の現状バックアップ/リカバリ環境に関する読者調査リポート

TechTargetジャパンが実施したバックアップ/リカバリ環境に関する調査では、仮想環境が普及している中でも、物理環境のバックアップ手法に依存している企業が多いことが分かった。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 TechTargetジャパンは2013年6月24日から7月15日まで、読者会員を対象に「バックアップ/リカバリ環境に関する読者調査」を実施した。調査結果からバックアップ/リカバリシステムの導入・検討状況、選定ポイント、現在抱える課題などが明らかになった。本稿では、その一部を紹介する(全ての結果を記載したリポートは、文末のリンクから会員限定でダウンロード可能)。

調査概要

目的:企業のバックアップ/リストア環境の状況を確認するため

方法:Webによるアンケート

調査対象:TechTargetジャパン会員

調査期間:2013年6月24日(月)〜7月15日(火)

総回答数:132件

※回答の比率(%)は小数点第1位を四捨五入し表示しているため、比率の合計が100.0%にならない場合があります。


バックアップ/リカバリ環境の導入が全体の69.8%

 バックアップ/リカバリ環境の構築状況を聞いたところ、全体の63.6%が「バックアップ/リカバリ環境」を構築済みと回答。「導入検討中」「導入していない」が12.9%となった。

photo バックアップ/リカバリ環境の構築状況

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

営業デジタル化を加速するクラウド顧客獲得ツール「nocoセールス」でできること
営業の人的リソースが足りない組織が短いサイクルで顧客を効率的に獲得する仕組みを作る。

news007.jpg

富士通の「デジタルセールス」が目指すこと
この連載のタイトルにあるように、富士通はインサイドセールスのことを「デジタルセール...

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...