「CASB」(Cloud Access Security Broker)製品の失敗しない選び方 4つのポイント今理解すべき「CASB」の実力【第4回】(2/2 ページ)

2018年02月15日 05時00分 公開
[三島千恵ネットワンシステムズ]
前のページへ 1|2       

選定ポイント2:運用性向上の工夫

 できる限り運用者の手作業をなくしたい場合は、リスクの可視化から取るべきアクションまでをワークフロー化できるCASB製品が有効です。CASB製品も他のセキュリティ製品と同様、「導入して終わり」ではありません。可視化したリスクに対して、定期的に自社のクラウド利用ポリシーを見直したり、CASB製品自身やURLフィルタリング製品など連携対象のセキュリティ製品の設定をチューニングしたり、社内への周知や従業員教育をしたりする必要があります。

 運用性の観点でCASB製品を選定する際は、以下のような観点でヒアリングや検証をするとよいでしょう。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ロシアのbotファームがXを標的に虚偽情報を拡散 どうしてこうなった?
ロシアによる生成AIとソーシャルメディアを使った世論操作が活発化している。標的とされ...

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...