2019年01月31日 17時00分 公開
PR

AI時代、企業のデータ管理はどうあるべきか?なぜ今、AIを意識した大規模データ管理サービスが必要とされているのか

ビジネスでAI(人工知能)を活用するには、大量の学習用データをいかにうまく蓄積できるかが問われる。そのために必要とされる「AI時代のストレージ」に求められる要件とは。

[TechTargetジャパン]

 ビッグデータを“原料”とするAI(人工知能)がビジネスのさまざまな場面で使われ始めている。その中でも特にマシンラーニング(ML)やその一手法であるディープラーニング(DL)に関する適用例が目立つ。

 MLは大量のデータをコンピュータに与え「知識」を学習させる必要がある。必要な学習用データの件数は増加しつつあり、コストや期間、工数の観点からも、学習用のデータをどのように集め、蓄積し、学習用ソフトウェアに使わせるかが重要な考慮点になる。

 優れたAI技術があっても「現場のセンサーからうまくデータを集めることができない」「ストレージやクラウドへの蓄積に多額のコストがかかる」「学習用ソフトウェアがデータにうまくアクセスできない」といった状況では、学習そのものが不可能になってしまう。

 ビジネスでAIを活用するには、AIだけではなく「AIを意識した大規模データ管理の仕組み」も用意する必要がある。AIを意識した仕組みとは何だろうか。

提供:ネットアップ合同会社

提供:ネットアップ合同会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部