2019年02月25日 10時00分 公開
PR

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供WebキャストAI・機械学習をフル活用する基盤構築、実現のカギはGPUとコンテナにあり

「第3次AIブーム」といわれる今日だが、AIの価値を引き出すには分析基盤の効率化が欠かせない。そこで、オープンソース関連の技術書で多数の著作を持つエヴァンジェリストに、効率化の秘訣を聞いた。

[ITmedia]

「HPE ONLINE-未来を加速する-」の注目Webキャスト

 ソーシャル解析や製造ラインでの不良品検出など、AIや機械学習の活用が本格的に進んでいる。この機械学習を効率化するカギとしてコンテナがある。従来は機械学習フレームワークごとにGPUを用意する必要があったが、コンテナなら単一環境での複数バージョンの保持や、オーバーヘッドなしでの切り替え・同時使用が可能になる。

 ただ、コンテナ作成では、GPU向けカーネルモジュールとGPUライブラリーのバージョンに厳密な整合性が求められる点には配慮が必要だ。また、コンテナの活用が進むと「部品化」し、仮想化に比べて数が膨大になるという問題があるため、コンテナの自動配備やITリソース管理の自動化など、データセンター全体を管理する「OSのようなもの」が必要になってくる。

 本コンテンツでは、このようにAIや機械学習をフル活用できる基盤づくりのポイントとして、GPUやコンテナの活用法を解説している。「第3次AIブーム」といわれるほどにAIの活用範囲が広がる今こそ、2020年以降を見据えた次世代基盤について検討しておきたいところだ。

動画を閲覧いただくには

 みなさまがお持ちのTechTargetジャパン会員情報でHPE ONLINE-未来を加速する-のコンテンツをご覧いただけます。


photo 1.黄色枠のカテゴリを選択してください。
photo 2.黄色枠の動画をクリックいただくと、動画が閲覧できます。

※TechTargetジャパン メンバーシップにログインした状態で以下の個人情報の取り扱いへのご同意とアンケートにご回答の上、[次へ]ボタンをクリックすると、「HPE ONLINE-未来を加速する-」への登録が完了します。登録完了後、「HPE ONLINE-未来を加速する-」にご登録のメールアドレスでログインの上、メニューページにてご希望のコンテンツをお選びください。
本Webキャストはコンテンツタイトル「実践ガイド著者が語る!機械学習/AIのためのプラットフォーム〜GPUやコンテナの活用〜」よりご覧ください。