2019年09月25日 10時00分 公開
PR

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト糖尿病の重篤化予防を目指す産学連携プロジェクト、AIが果たした効果とは?

世界規模でまん延する糖尿病の重篤患者を減らすことを目的に、3社による産学連携の共同プロジェクトが発足した。その経緯や成果とともに、研究の中でAIなど先端テクノロジーがどのように貢献したのかを動画で分かりやすく解説する。

[ITmedia]

 世界規模でまん延の兆しを見せている「糖尿病」。その医療費は全世界で年額90兆円といわれ、日本国内に限っても8兆円にも上るという。特に透析導入を余儀なくされた場合、5年生存率は50%となり、月40万円ほどの費用がかかるなど、普通の生活を送ることができなくなる恐れがあるため、重篤患者を減らすことは急務となっている。

 こうした状況を改善すべく、大学病院、テクノロジーベンダー、保険会社の3社による、産学連携の共同プロジェクトが発足した。これは、13万人分の電子カルテや2500万以上の医学論文から収集した“医療ビッグデータ”を解析し、糖尿病性腎症の悪化予測モデルを作成することで、重篤化予防に役立てようというものだ。

 本コンテンツでは、この研究の経緯や成果について、動画で分かりやすく解説している。既存データの最適化、臨床データの収集といったステップの中で、AIをはじめとする先端テクノロジーがどのように貢献したのか。またそれにより、どのような成果が表れたのか、ぜひ確認してほしい。

動画を視聴する

動画の視聴方法

みなさまがお持ちのアイティメディアID会員情報で「Think Online 2019──デジタル変革の道しるべ」のコンテンツをご覧いただけます。

Think Online 2019 登録 STEP:
  1. 「動画を視聴する」 をクリック、アイティメディアIDのパスワードを入力
  2. ユーザー情報確認画面で「送信」をクリック
  3. Think Online 2019 登録ページで登録情報を確認して「送信」をクリック

以上で登録は完了です。動画の閲覧が可能になります。

動画の見つけ方

  1. 「業種別ソリューション」をクリック
  2. IBM Watsonテクノロジーを活用した糖尿病の共同研」をクリック
画像 黄色枠のカテゴリを選択してください
画像 黄色枠の動画をクリックいただくと動画を閲覧できます

動画を視聴する