2019年10月30日 10時00分 公開
PR

ニーズに応じたサービス開発が重要コンテナ活用の戦略と協業の仕組み──有識者が語るコンテナの未来

新規サービス開発で無視できない存在になったコンテナ技術。コンテナを導入する企業は、業界業種を問わず急速に増えている印象だが、それ故に新たな課題も生まれている。どのような解決方法があるのか、有識者に話を聞いた。

[TechTargetジャパン]

 「Docker」や「Kubernetes」が登場して早数年。コンテナ技術は急速に成長し、多くの企業が利用を検討するようになった。先進技術に抵抗が少ないWebサービス系の企業だけでなく、製造業や建築業など、安定を重視する企業においても「新しいプラットフォームには、まずコンテナ技術を検討する」という認識が広まっている。

 だが、仮想化が普及し始めた当時、従来と異なるサーバ構築や運用の手法が管理を複雑化させたように、コンテナの発展に伴って新たな課題も生まれている。

 例えばKubernetesを使った環境構築や運用の「選択肢の多さ」だ。コンテナ管理といえばKubernetesが一般化しているが、提供するプラットフォームやサービスはクラウドベンダーごとに千差万別だ。

 本稿ではKubernetesに注目。こういった課題を解決するための「Kubernetes環境の選択に求められる基準」について有識者に話を聞いた。コンテナ技術を活用したプラットフォームを導入しようとする企業は参考にしてほしい。

提供:レッドハット株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:レッドハット株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部