2019年10月29日 10時00分 公開
PR

デル株式会社提供ホワイトペーパー自社のサーバセキュリティは大丈夫? ベンダーに尋ねるべき「4つの質問」とは

モダンITインフラの基盤となるサーバだが、そのセキュリティを軽視し、攻撃の標的となるリスクを招いている企業は少なくない。エンドツーエンドでのサーバ保護を実践するために特に重要となる「ベンダー選び」のポイントを解説する。

[ITmedia]

 デジタル変革の第一歩となる、ITインフラのモダナイズ。しかし、多くの企業では、その基盤となるサーバのセキュリティが軽視され、悪意ある攻撃の標的となるリスクを招いている。現に、セキュリティ担当者を対象とした調査によると、ファームウェアデータをモニタリング/測定/収集していない、または自社でそれらを行っているか分からないと回答した人の割合が25%を超えていたという。

 サーバが保護されているかの判断が困難な理由は、そのセキュリティレベルがベンダーの質によって左右される点にある。設計時からファームウェア/ハードウェアのセキュリティを重視し、保護/検出/リカバリーの各フェーズで明確な対策を行っているベンダーとは異なり、“セキュリティ後進者”とも呼べるベンダーは、技術的な後れを取っている他、標準的な機能に対してライセンス料金を請求することもあるという。

 それでは、どのようにサーバベンダーを評価し、見極めれば良いのか。本資料では、ITリーダーが自社サーバベンダーに尋ねるべき4つの質問を紹介する。エンドツーエンドのサーバセキュリティを実装する上で、貴重なヒントとなるはずだ。

提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部