2019年11月14日 10時00分 公開
PR

インフラ自動化のメリットを最大限引き出す良かれと思った部分最適が全体の効率を下げる 脱「タスク効率化だけの自動化」

現在の企業の中で「自動化」はビジネスの発展に影響する重要な要素だ。自動化をうまく進めれば属人化や人材不足に対して策が打てる上、サービス開発のスピードも向上できる。しかし、なかなか自動化が進まない現状がある。なぜなのか。

[TechTargetジャパン]

 企業のITシステムにおいて「自動化」が改めて注目されている。これまでは、スクリプトやツールを使って、特定業務のタスクを処理するといったケースが多かった。だが、現在自動化に成功している企業が取り組む「自動化」はそれらとは異なっている。

 クラウドの利用が進み、サーバの構成管理やアプリケーション管理、サービス管理などが複雑化したため、IT部門が運用管理するあらゆる資産を幅広く自動化する必要性が出てきたからだ。今や自動化とはサーバ、ストレージといった特定の領域だけでなく、インフラ全体を制御する意味で使われるようになっている。

 では、インフラ全体の自動化を推進し「サービス提供スピードを上げる」といった具体的なビジネスメリットにつなげていくためには、具体的にどうすればいいのか。企業システムのデファクトスタンダードになりつつある自動化ツールに注目し、その方法を紹介する。

提供:Dell Technologies(デル株式会社/EMCジャパン株式会社)、レッドハット株式会社

提供:Dell Technologies(デル株式会社/EMCジャパン株式会社)、レッドハット株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部