2019年11月26日 10時00分 公開
PR

ストレージだけでなく他インフラの障害も発見障害の93%をAIが検知――面倒な運用管理から解放するストレージとは

AIやIoT、ビッグデータ活用の広がりによって情報の流通量が爆発的に増加し、人間の力だけでリスクに対処するのが難しくなってきている。安全なデータ管理を実現するためには、どのようなストレージを選ぶべきだろうか。

[ITmedia]

 昨今、IoT(Internet of Things)や人工知能(以下、AI)といった技術がバズワード化して広く知られるようになっており、それらをビジネスに取り込もうとする企業も少なくない。

 IoTやAIの活用に伴って、データは爆発的に増加する。そこで課題になるのが、膨大なデータを安全に管理する方法だ。万が一、データを保存するストレージに障害が発生した場合、データが多過ぎるため人間が対処するのは現実的ではなくなってきている。

 また、従来のように「障害発生後、顧客にログをアップロードしてもらい、解析して障害部位を特定し、パーツを手配して現場で交換作業する」といった対応では問題解決までに時間がかかってしまう。これでは素早さを求められるビジネスで後れを取ってしまう可能性がある。

 そこで登場したのがAIを活用したストレージだ。AIによって、どのようにストレージは変わるのか。その内容を専門家が解説した。

提供:ユニアデックス株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:ユニアデックス株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部