2019年12月27日 10時00分 公開
PR

「効率化」「自動化」を目指すために必要なこと業務効率化できない中堅・中小企業が抱える3つの課題――現実解を探る

働き方改革の潮流を背景に、企業には一層の業務効率化が求められている。しかし理屈では分かっていても、ただでさえ忙しい中、一体どうすれば大幅な効率化など図れるのだろうか。その現実解を探る。

[TechTargetジャパン]

 人員の増加が見込めない中で、残業時間を削減しつつ売り上げ拡大を目指す――中堅・中小企業は、そんな厳しい課題に直面し続けている。2019年4月から「働き方改革関連法」が施行されたことも受け、こうした課題解決は待ったなしの状況だ。

 解決のカギは、言うまでもなく「業務効率向上」にある。業務や業務プロセスを見直し、時間と工数の削減を目指す。少ない時間で同じ業務をこなすことができれば、その分、従業員の生産性は向上する。生産性を向上させれば、会社全体の売り上げ拡大につながり、新たな取り組みに向けて時間を作り出すことも可能になる。

 しかし理屈では分かっていても、そのためには一体どうすればよいのだろうか。最も効率的なのは、今目の前にある業務――経理や人事給与といったバックオフィス業務から営業や販売といったフロント業務まで、一連の業務を見直して効率的な「仕組み」をつくることだ。では「業務効率化を果たせる仕組み」の具体像とは。詳細を探った。


提供:株式会社大塚商会、日本ヒューレットパッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部