2020年05月27日 10時00分 公開
PR

チャットbotの選択肢を広げるAPI型開発ツール、ブラウザ以外の展開も容易に日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト

消費者の企業への問い合わせのニーズは、電話からテキストメッセージングへと移りつつある。その効率的な対応手段として期待されるのが、機械学習を利用したチャットbotだ。中でも、拡張性の高いAPI型開発ツールに注目したい。

[ITmedia]

 近年、企業への問い合わせの手段にテキストメッセージングを選ぶ一般消費者は非常に多くなっている。加えて、昼夜などの時間帯にかかわらずリアルタイムの返信を期待する声も高まっており、テキストメッセージングの自動応答を可能にするチャットbotが存在感を増している。中でも注目されるのがAPI型のチャットbot開発ツールだ。

 API型のメリットは、その柔軟性だ。ユーザーの発言の意図を捉えるとともに質問のキーワードを特定し、フローに基づき適切に応答するといった必要機能はAPIを通じて提供。インタフェースやアプリケーションは開発する必要があるが、Webアプリ形式で制作したものを、LINEに展開したり、音声ソフトと組み合わせて電話での自動応答に利用したりするなど、サービスを高度化する選択肢が広がるメリットもある。

 本コンテンツでは、中でも多数の実績を持つチャットbot開発ツールをウェビナー形式で紹介している。参加者との質疑応答も収録されており、開発環境や言語、開発の勘所、他社製品との比較など、踏み込んだ質問への回答もあるため、API型ツールを利用する際のイメージを具体的に描けるだろう。

動画を視聴する

動画の視聴方法

みなさまがお持ちのアイティメディアID会員情報で「IBM X-Online Digtal Event Portal」のコンテンツをご覧いただけます。

IBM X-Online Digtal Event Portal 登録 STEP:
  1. 「動画を視聴する」 をクリック、アイティメディアIDのパスワードを入力
  2. ユーザー情報確認画面で「送信」をクリック
  3. IBM X-Online Digtal Event Portal 登録ページで登録情報を確認して「送信」をクリック

以上で登録は完了です。動画の閲覧が可能になります。

動画の見つけ方

  1. 「データ活用とAI技術の実用化」をクリック
  2. 「D011 Watson Webセミナー・シリーズ - IBM Watsonを活用したチャットボット開発の勘所- 概要編-」をクリック
画像 黄色枠のオンデマンド Webセミナーを選択してください
画像 黄色枠の動画をクリックいただくと動画を閲覧できます

動画を視聴する