2020年07月06日 10時00分 公開
PR

製造現場での「Raspberry Pi」の“使いどころ”とセキュリティ課題工場セキュリティ

製造現場で活用が加速する「Raspberry Pi」。その活用動向と課題について、製造現場向けコンサルテーションを行うアムイの山田浩貢氏と、トレンドマイクロの堀之内 光氏が対談した。聞き手はMONOistの三島一孝。

[TechTargetジャパン]

 製造現場で「見える化」などのシステム構築用デバイスとしてシングルボードコンピュータ「Raspberry Pi」が注目されている。実際に、製造現場での活用は急速に増え、試作や実証ではなく製造ライン内に組み込んで運用するケースも見られる。

 ただ、Raspberry Piには課題が多いのも事実だ。製造現場でRaspberry Piをどのように使いこなすべきなのか。Raspberry Piの製造現場導入について多くの実績を持つアムイ代表取締役の山田浩貢氏と、IoTセキュリティを展開するトレンドマイクロ IoT事業推進本部 IoT事業開発推進部 シニアスペシャリストの堀之内 光氏の対談内容をお送りする。聞き手はMONOist編集長の三島一孝が務めた。


提供:トレンドマイクロ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部