2020年08月19日 10時00分 公開
PR

企業PCの運用も管理も不要 最適な機種を使える「Device as a Service」とは

かつてない速度でOSや業務アプリのアップデートが進み、新たなPCやモバイルデバイスが市場に出ている。しかし、さまざまな要因で、業務PCは乗り換えにくい。そんな課題を解消し、情シス担当者の負担なく常に最新のPCを使えるサービスとは。

[TechTargetジャパン]

 「Windows 10」の普及に伴って、OSの要件を満たすために従業員のPC環境を見直す組織が増えている。従来の「Windows」とアップデートタイミングが大きく異なるために、PCの買い換えサイクルを見直す必要に迫られているのだ。

 これはそもそも、PCを“所有”しているから発生している問題ではないだろうか。企業ITのクラウド化が進み「所有から利用へ」という意識が高まる中、企業にとってPCも「必ず購入しなければいけないもの」から「購入せずとも済むもの」へと変化している。

 PCを購入せずに利用する――と聞くと、古くから多くの企業が活用する「レンタル」という形態を多くの読者が思い浮かべるだろう。ただし近年の企業が求めているのは、単なるレンタルではない。今新たな形態として注目を集めるのが、運用を含めてクラウドサービスのようにPCを利用できる形態──「Device as a Service」(DaaS)だ。

 DaaSとはどのようなものなのか。レンタルとは何が異なるのか。働き方改革に加えて、自然災害や流行病の影響で従業員の業務手法を大きく変革することが求められる昨今、DaaSは企業にどのような価値をもたらすのか。サービスの選定方法も含めて詳しく紹介しよう。

本稿は、ITmedia エンタープライズからの転載記事です。


提供:横河レンタ・リース株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部