2020年09月25日 10時00分 公開
PR

「テレワーク」スタートガイド:知っておきたい基礎知識と導入・運用のノウハウレノボ・ジャパン株式会社提供ホワイトペーパー

テレワークを導入したいが手順が分からない、あるいは、導入したものの活用できていないといった企業も多い。そこで本コンテンツでは、テレワークの実践例を交えつつ、導入準備から運用方法、注意点、公的制度まで、詳しく解説する。

[ITmedia]

 働き方改革の推進とともに普及するテレワーク。企業・従業員双方が多くのメリットを得られる一方、注意点もあり、導入後に形骸化してしまう企業が多い。重要なのは、ツール、制度、社内文化の三位一体でアクションを行うことだ。

 まず導入に当たっては、業務や企業文化に適した規定・ルールの策定と周知、ICT環境の整備が不可欠だ。テレワークとオフィス勤務の労働法規は同じということを理解した上で体制を整えていく必要がある。セキュリティや実務における懸念は、さまざまなITソリューションで解決できる部分も多い。スムーズな業務のためには、システムの構築や負荷テストなどをあらかじめ実施しておきたい。

 本資料は、こうしたテレワーク推進のポイントを1つ1つ詳しく解説したスタートガイドだ。実際の取り組み事例や関連する公的制度、定着を阻む要因となりやすい社内の文化や意識への対処法も紹介している。この機会に、実践に向けたノウハウを学んでほしい。