2020年11月02日 10時00分 公開
PR

サーバ約1000台の基盤を刷新、auカブコム証券がとった適材適所のアプローチとは日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー

auカブコム証券が取り組んだ、サーバ1000台規模の基盤構築という巨大プロジェクト。「安心・安全」「ローコスト」「柔軟・迅速」の実現のため、システム要件を階層化し、適材適所の機器を月額・従量制で導入できる環境を整備したという。

[ITmedia]

 デジタルトランスフォーメーションが目覚ましい金融業界で、デジタル金融企業への取り組みをいち早く進めてきたたauカブコム証券。中でも最重要と位置付けるプロジェクトが、1000台規模の物理サーバで運用されてきたシステム基盤の刷新だ。コストを抑えながら、ミッションクリティカルな要求とビジネスアジリティを両立するという難しいミッションに挑んだ。

 そのために選ばれたのは、業務要件に応じて適材適所のインフラ機器を割り当てるアプローチだ。ミッションクリティカルなシステムには可用性・耐障害性が確保され、負荷の高いデータベース環境でも処理を高速化できるインフラ機器を選定。他には、ビジネスアジリティを重視するシステムには自動化技術を組み込んだ機器を、汎用的なシステムにはコストを抑えた機器を用意。パブリッククラウドも利用し、要件を4階層7段階に落とし込んだ。

 しかも、これらのインフラ機器は月額・従量制で導入しており、コスト削減効果も大きい。本資料では、同社の次世代システム基盤構築プロジェクトを通じ、業務システムのためのインフラ像を明らかにする。