2020年11月05日 10時00分 公開
PR

コスト削減・高性能化・効率化を実現、第2世代AMD EPYC搭載次世代サーバの実力日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー

近年、物理サーバ刷新が加速している背景には、コストパフォーマンスに優れた高性能CPUと、その効果を最大限に引き出す次世代サーバの登場がある。その導入により、コストや性能、運用効率、サーバセキュリティはどれだけ変わるのか?

[ITmedia]

 Windows Server 2008のサポート終了などを契機として、多くの企業で物理サーバの刷新が進められている。こうした動きを加速させる要因の1つとなっているのが、1ソケット当たり最大64コア/128スレッドを実現する高性能CPU「第2世代AMD EPYC」と、その効果を最大限に引き出す次世代サーバの登場だ。

 特に注目すべきメリットは、他製品では2CPU構成でなければ使えないコア数を1CPU構成で実現できることだ。これにより、ソケット単位で課金されるソフトウェアのコストを大幅に抑制できるようになり、予算に余裕ができた分をメモリの増量や大容量SSD構成の実現といった高性能化につなげることが可能となる。

 もちろん、この最新サーバ環境がもたらすメリットはこれだけではない。本資料では、企業向け業務支援サービスを提供するジェットが、物理サーバの刷新によって省コスト化と高性能化に加えて、運用の効率化やサーバセキュリティの強化まで実現した事例を基に、ビジネスの成長を支える安定的かつ高信頼のシステムを構築する方法を紹介する。