2021年08月02日 10時00分 公開
PR

インフラ管理の改善で価値創出を容易に、インテリジェントデータ戦略の進め方日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー

ハイブリッドクラウドによる複雑化、データの膨張などにより、昨今のインフラ管理はさまざまな課題を抱えている。この解決策として注目される、AIを活用した「インテリジェントデータ戦略」により、障害対応やデータ活用はどう変わるのか。

[ITmedia]

 IoTの普及もあり、全世界のデータ量が40ゼタバイトに上るといわれる今、それらのデータからどう価値を抽出するかという点に、多くの企業が注力している。しかし、ハイブリッドクラウドの採用によってIT環境が複雑化し、ワークロード配置やデータ管理に課題を抱えるケースが増えていることもあり、現状その実現は困難になっている。

 そこで注目したいのが、AIを活用した“インテリジェンス主導”のデータ管理プラットフォームだ。これにより、障害予測をはじめとしたインフラ管理のスマート化や、ワークロード配置の最適化によるハイブリッド環境からの脱却、法規制準拠のデータ保持管理などを実現できる。また、データを常時稼働かつ常時高速で利用できる状態に維持することで、相関関係を理解して価値を引き出すことも容易になる。

 本資料では、インテリジェンスがデータインフラの管理に重要な4つの理由や、プラットフォーム構築に向けてベンダーに確認すべき10の事項などについて詳しく解説する。フラッシュストレージやクラウドに代わる“真のゲームチェンジャー”となり得るインテリジェントデータ戦略を、ぜひ取り入れてみてほしい。

Brought to you by HPE and Intel®