2021年01月13日 10時00分 公開
PR

インテリジェンス主導でデータ管理を変革、4つの価値と基盤構築のポイントとは日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー

フラッシュストレージやクラウドは、データ管理の速度や拡張性を進化させたが、障害やパフォーマンス低下のリスク、ワークロード配置の課題は依然残されている。この状況を打破するのに有効なのが、インテリジェンス主導のデータ管理だ。

[ITmedia]

 フラッシュストレージやクラウドは、データ管理の速度や拡張性を大きく進化させた。しかし、高速なストレージを導入しても、上位層で発生する問題は解決できず、障害やパフォーマンス低下のリスクは拭いきれない。また昨今では、ハイブリッド環境の複雑化により、ワークロードの配置が困難になっているケースは少なくない。

 この状況を打破するのに有効なのが、AIを活用した“インテリジェンス主導”のデータ管理だ。これにより、障害の予測や発生回避を実現するスマートなインフラ管理や、ワークロード配置の最適化、データからの価値抽出が容易になる。ただしそのためには、データを常時高速かつオンデマンドで利用でき、インフラ全体にインテリジェンスを適用可能な、ハイブリッド対応のデータ基盤が不可欠になる。

 本資料では、データインフラの管理にインテリジェンスが重要な4つの理由や、その実現に向けてIT部門が知るべき10の事項を解説する。あわせて、コンテキスト対応型インテリジェンスを搭載し、常に高度化する自己管理型インフラを提供するプラットフォームを取り上げ、そのメリットを紹介しているので、参考にしてほしい。

Brought to you by HPE and Intel®