在宅勤務を続けるべきか、やめるべきか 調査から分析特選プレミアムコンテンツガイド

テレワークを実践する上での障壁は「テレワークを続けるかどうか」の判断にどう影響するのか。「予想以上にうまくいった」と考える企業ではどのような効果が見られたのか。調査結果を基に、アナリストが解説する。

2021年02月11日 05時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対策としてテレワークを推進する企業は少なくない。ビジネスマッチングサービスを提供する米国企業の調査によると、COVID-19の問題が収束した後も企業はテレワークを推進する姿勢を変えない可能性があるという。理由の一つは、テレワークによる生産性の向上だ。調査では回答者の過半数が「テレワークは予想よりうまくいった」と答え、約35%は「予想通りだった」と回答した。「予想より悪かった」という回答は約10%にとどまった。

 本資料は、この調査報告書でテレワークが今後も続く理由を分析しているアナリストの解説をまとめた。テレワークが定着しつつある理由と実施時の課題、これからもテレワークを継続すべき理由とは。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...