2021年06月02日 10時00分 公開
PR

アプリのデリバリーサイクルを高速化、「クラウドネイティブ」で変わる手法とは日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー

近年では、クラウドネイティブアプリケーションの迅速な開発サイクルによる継続的イノベーションが求められている。しかし、その実現には、開発や管理の方法を変化させる必要がある。本資料では、その指針を解説する。

[ITmedia]

 現在、アプリケーション開発の現場では、新たな重要課題に直面している。顧客はクラウドベースアプリケーションの迅速な開発サイクルによる継続的イノベーションを期待しており、そのニーズに対応することが求められている。

 ただ、これを実現するのは簡単なことではない。「クラウドネイティブ」は、アプリケーションとソフトウェアプラットフォームを展開および管理する方法を変えてしまうからだ。また、アプリケーション開発では、既存の資産を可能な限り活用し、クラウドのポータビリティを提供し、デリバリースピードを高速化する必要もある。

 そこで本資料では、DevOps手法からインフラストラクチャに至るまで、クラウドネイティブアプリケーションの実現に不可欠となるビジネスとテクノロジーのベストプラクティスについて、4つの課題解決プロセスを含めて解説する。併せて、開発とデリバリーの高速化サポートを目的としたソリューションを、導入企業の事例も交えて紹介している。アプリケーションの品質向上、開発/テスト間のスムーズな連携、さらに本番環境で期待される成果達成に役立ててほしい。

Brought to you by HPE and Intel®