「テレワーカー=オフィス」の認識が安全なハイブリッドワーク実現に不可欠な訳ハイブリッドワークの整え方【後編】

将来を見据えたセキュアなハイブリッドワークの実現には、どのような考え方でセキュリティ対策を進めればよいのか。利用できる技術とは何か。有識者のアドバイスと共に紹介する。

2021年09月28日 05時00分 公開
[Andrew FroehlichTechTarget]

関連キーワード

VMware | セキュリティ対策 | 在宅勤務


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)の中で、テレワークとオフィスワークを組み合わせた業務形態「ハイブリッドワーク」が企業間に広まった。この状況では、社内LANとインターネットの境界を重点的に守る従来型のセキュリティアーキテクチャは最適な選択肢とは言えない。

 パフォーマンスやレジリエンシー(復元性)、データセキュリティの観点から、テレワーカーの支援方法に関する大きなパラダイムシフトが企業で進んでいる――。VMwareの製品マーケティングおよびパートナーシップ担当シニアディレクターであるエイブ・アンクマ氏は、こう説明する。

「テレワーカー=オフィス」と捉えて安全な働き方を実現する

ITmedia マーケティング新着記事

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...