「テレワーカー=オフィス」の認識が安全なハイブリッドワーク実現に不可欠な訳ハイブリッドワークの整え方【後編】

将来を見据えたセキュアなハイブリッドワークの実現には、どのような考え方でセキュリティ対策を進めればよいのか。利用できる技術とは何か。有識者のアドバイスと共に紹介する。

2021年09月28日 05時00分 公開
[Andrew FroehlichTechTarget]

関連キーワード

VMware | セキュリティ対策 | 在宅勤務


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)の中で、テレワークとオフィスワークを組み合わせた業務形態「ハイブリッドワーク」が企業間に広まった。この状況では、社内LANとインターネットの境界を重点的に守る従来型のセキュリティアーキテクチャは最適な選択肢とは言えない。

 パフォーマンスやレジリエンシー(復元性)、データセキュリティの観点から、テレワーカーの支援方法に関する大きなパラダイムシフトが企業で進んでいる――。VMwareの製品マーケティングおよびパートナーシップ担当シニアディレクターであるエイブ・アンクマ氏は、こう説明する。

「テレワーカー=オフィス」と捉えて安全な働き方を実現する

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...