TechTargetジャパン

モビリティの将来を握るARとVR
IoTと交わるモビリティの未来――5Gネットワーク、コネクテッドカーの動向は
2020年ごろまでには、5Gネットワーク、コネクテッドカー、拡張現実(AR)、仮想現実(VR)がモノのインターネット(IoT)と交わることになるだろう。モビリティの今後について専門家が意見交換をした。(2017/3/25)

次世代の運用管理は経営にも”効果あり”
ヒューマンエラーをなくし、業務効率も高める画期的な運用自動化ツール
システム運用管理者の肩には、安定稼働とコスト削減のプレッシャーが押し掛かる。しかしIT環境は複雑化し、人力での運用管理は困難になりつつある。解決策はないだろうか。(2017/3/22)

肉眼だけでは見えない疾患を見つける技術
これからの「個別化医療」は画像診断とウェアラブル技術の組み合わせが鍵に
Philips Healthcareの専門家によると、データ分析、機械学習、人工知能を搭載した画像診断システムは、医療機関が患者に最適な医療サービスを提供する一助になるという。(2017/3/21)

熱戦の場は「WBC」だけではない
“つながる野球場”は金になる? 米球団が「無線LAN」強化に躍起な理由
次世代のスポーツ会場では、チームの本拠地スタジアムのネットワークが戦略的リソースの役割を果たし、ファンの関わりを促して収益を押し上げる。(2017/3/21)

Computer Weekly製品ガイド
データセンターエキスパートが時代に乗り遅れないようにすべきこと
データセンターを運用する組織がコスト削減のためコンバージドインフラに目を向ける中で、ITプロフェッショナルは自分のスキルを常に職場に合わせる必要がある。そしてその範囲はIT分野にとどまらない。(2017/3/21)

PwCの調査から
「デジタルIQ」とは? 企業のIT活用度が大幅低下している謎
主要企業の経営幹部やIT担当役員を対象とした、先進情報技術に関する調査によると、企業のIT導入を成功に導く鍵は「ヒューマンエクスペリエンス(HX)の重視」である可能性を示唆している。(2017/3/15)

事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第7回】
攻撃者にとっての「ランサムウェア」は“ゴールドラッシュ”、必須の対策は?
身代金要求型不正プログラム(ランサムウェア)が依然として猛威を振るっており、対策は待ったなしの状況です。現状の被害傾向を踏まえ、最低限対策すべきことを紹介します。(2017/3/6)

モバイルデバイスの真価を引き出すには
「社会人なら職場にちゃんと来るべき」という“常識”がモバイル活用を阻む
企業にとってモバイルデバイスの業務利用は必要不可欠だ。それを成功へ導くには、経営者が新しい働き方への理解を示す必要がある。(2017/3/2)

人工知能と機械学習もGPUで進化する
徹底解説:GPUコンピューティングが急成長する理由と減速する懸念
かつてゲームでしか役に立たない技術と評価されていたGPUが企業向けデータセンターに進出し、機械学習や人工知能といった成長著しいプロジェクトに貢献しようとしている。(2017/3/2)

モバイル管理は、もはや大企業だけのものではない
EMM導入を検討するIT担当者は約4割、中堅規模の組織にも拡大
IT担当者は、自分たちの環境にある多数のモバイル端末を管理し、セキュリティを守るニーズを認識する必要がある。多くの組織が2017年にEMMの導入を計画しているのも、それが1つの理由だ。(2017/3/1)

人工知能、セキュリティ、ブロックチェーンなど
医療IT担当者が2017年に注目する“6つのITトレンド”
医療業界における2016年のITトレンドは、サイバーセキュリティとブロックチェーンに多くの注目が集まった。医療機関のIT管理者は2017年も引き続きこの2つのトレンドから目を離すことはできないだろう。(2017/2/28)

「働き方改革」の課題を解決する具体策
「Office 365」を使うと“Microsoft仕込み”のセキュリティ対策が付いてくる?
働き方改革による生産性向上には、アナログなアプローチとともに、クラウドサービスによるデジタルなアプローチも大いに役立つ。一方でクラウドにはセキュリティの考慮も不可欠だ。生産性向上とセキュリティ対策の双方にどう対処すべきか。(2017/3/6)

「最初は使っていたけれど使わなくなった」
待望のBIツール、なのに導入後間もなくリプレースを検討した理由とは
現代の経営戦略では、複雑になるビジネス環境に応じて高度な分析を臨機応変に実施する必要がある。失敗しがちなBIツール導入を成功する上での条件を考える。(2017/2/27)

中堅・中小企業のための“脱Excel”ロードマップ【第4回】
中堅・中小企業がデータ分析プロジェクトで失敗してしまう理由、回避策は?
中堅・中小企業にはさまざまなリソースの制約がある一方で、小回りが利き意思決定が速いという強みもあります。この特徴を踏まえ、データ分析プロジェクトを成功させる秘策を探ります。(2017/2/27)

欲しいのは「AI」ではなく、何ができるか
「AI」が可能にする自動売り上げ予測――次の業務システムが向かう先とは
「人工知能」技術がさまざまなサービスで活用されるようになってきた。企業の業務において、AI技術はどのような可能性を持つのだろうか。ERPの視点から考えてみた。(2017/2/28)

無計画なIT投資は企業財務を破綻する
データセンターの寿命は延ばせるか? IT投資に関する5つのTip
ITの予算を適切に計画してコストを最適化すると、自社で運用するインフラの寿命を延ばせる。さらに、リプレースの判断を下す指針を得ればソフトウェア定義のアーキテクチャに備えることも可能だ。(2017/2/27)

ビジネス駆動型セキュリティとは
セキュリティチームと経営者の間にある“嘆かわしきギャップ”が大事故を招く
サイバーセキュリティ企業RSAの新任プレジデント、ロヒット・ガイ氏は、同社が新たに提唱する「ビジネス駆動型セキュリティ」について語った。(2017/2/23)

日本特有の商習慣にどう対応すべきなのか
最新テクノロジーの活用と充実したサポート体制で実現する“デジタル変革”
海外で進むデジタルトランスフォーメーション。だが日本では特有の商習慣があり、海外と比べるとまだ足踏み状態になっている。この状況を打破するにはどうすればいいのか。(2017/2/23)

「RSA Conference 2017」基調講演レポート
Dell創業者も賛同、今「協調型セキュリティ」が必要な理由
RSA Securityのズルフィカー・ラムザン最高技術責任者(CTO)は「RSA Conference 2017」の基調講演で、協調型セキュリティに関する判断が及ぼす影響について強調した。(2017/2/22)

速過ぎても遅過ぎてもダメ
DevOps移行で陥る「4つのありがちな失敗」と解決策
プロジェクト管理スキルの低さ、計画の取りこぼし、短絡的なスタッフのいずれかを伴うと、DevOps環境への移行は大きな失敗につながる恐れがある。(2017/2/21)

外出先でもビデオ会議に集中するには
いつかは来る、もう体験済み? スマホで会社のビデオ会議に参加する際のTips
モバイル向けのビデオ会議システムがあれば、遠隔地から会議に参加するハードルが下がるかもしれない。スマートフォンでビデオ会議に参加するとき、コミュニケーションを円滑にするには幾つかのコツがある。(2017/2/21)

「トランプ米大統領はいつツイートするのか」も予測可能
ゴールドマン・サックスが利用する市場分析サービス「Kensho」の“すごい答え”
ゴールドマン・サックスは、顧客に高度なサービスを提供するため多くのIT企業と連携をしている。その1社であるKensho Technologiesと連携することでどのようなサービスを提供しているのだろうか。(2017/2/18)

続くMicrosoftとSlackの駆け引き
「Slack Enterprise Grid」は今までのSlackとどう違う? 気になる機能を紹介
Slackは従業員数500人以上の企業での普及を狙って、大企業向けプラン「Slack Enterprise Grid」を発表した。従来の「Slack」とどう違うのだろうか。(2017/2/16)

システムが見落とした脅威を発見する
セキュリティ部門の新たな注目ポジション「脅威ハンター」という仕事
企業のセキュリティ対策は多くの場合、最新技術の調整に尽きる。だが脅威ハンターの役割を担う人材が貴重な防衛線になるかもしれないと見る専門家もいる。(2017/2/15)

「大統領でなければクビ」との声も
トランプ大統領は5年前の「Android」スマホをまだ愛用か セキュリティ専門家が懸念
ドナルド・トランプ米大統領は、一部の用途で自身の私物スマートフォンを使い続けているとみられる。既にアップデートが終了している機種の可能性があり、セキュリティ面の問題を指摘する声がある。(2017/2/8)

高速開発ツールが後押し
“ノーコード/ローコード”のソフト開発が浮上、問われるのは開発者の思考に
企業のアプリケーション開発が変化しつつある。「開発者」の定義が変化し、業務部門のメンバーによる市民開発者の存在が主流になりつつある。これを後押しするのがノーコード/ローコードのアプリケーション開発ツールだ。(2017/2/7)

ビジネスを左右する重要な決定
ソフトウェアの“更新と置き換え”問題、CFOが着目すべきポイントとは
多くの企業のCFOは、ソフトウェアシステムを更新すべきか、置き換えるべきかをどのように決定しているのだろうか。また決めるときにどのような情報を集めればいいのだろうか。(2017/2/6)

「うかつに触ると壊れるExcel」から卒業
マンガで解説:月次決算報告に、経営者の知りたいデータを盛り込むには?
経理部門が月次決算報告書を苦労して作っても、経営会議で社長がさっと目を通すだけで終わってはもったいない。「読み飛ばされない報告書」を効率よく作るコツとは?(2017/1/31)

シチズンデベロッパーを支援
「RMAD」ツールが“モバイルアプリ開発に専門家はいらない”論を加速する
基本業務にモバイルアプリを使いたくても、IT部門や開発者に開発を依頼するとコストと時間がかかってしまう。そこで、「RMAD」ツールを使ってモバイルアプリを自作しようと考える人たちが増えている。(2017/2/1)

医療機関のIT導入に関する調査レポート
最も関心があるのは「医療クラウド」、読者調査が示す医療IT最新トレンド
医療機関に従事するTechTargetジャパン会員を対象に「医療機関のIT導入に関する調査」を実施。本レポートではその概要をまとめた。(2017/2/1)

中堅・中小企業のための“脱Excel”ロードマップ【第3回】
“神Excel”からデータを抜き出しBIに生かす 「OFFSET関数」の使い方
Microsoft Excelのデータをビジネスインテリジェンス(BI)ツールに簡単に取り込むには「OFFSET関数」が役立ちます。ポイントは、データの蓄積と出力を分離することです。(2017/1/31)

キーパーソンインタビュー
ARM HoldingsのシガースCEOに聞くIoT戦略、そしてARMの強さの秘訣
ソフトバンクによる買収を受け入れたシガース氏に、ARMの戦略を聞いた。大きく伸びているIoTへの取り組み、そしてソフトバンクによる買収による影響とは?(2017/1/30)

野放しは経営リスクにも
「ライセンス管理不備で高額請求」の落とし穴を回避、理想のIT資産管理とは
仮想化やクラウドの採用で企業のIT基盤は急速に複雑化し、職人技に頼ったソフトウェア資産管理はもはや困難だ。どのような対策を行えばリスクを回避できるのだろうか。(2017/2/3)

2020年までに経営幹部クラスに
Gartnerレポートが明かす、「最高データ責任者(CDO)」台頭の予兆
最高データ責任者(CDO)の企業における影響力が増している。Gartnerは、CDOが人員配置、予算、固有の権限を備えた存在になりつつあることを明らかにした。(2017/1/24)

IVS CTO Night&Dayレポート
CTOという将来のキャリアに向けて、今エンジニアがすべきこと
ユーザー企業で経営と技術の両戦略を担うCTO(最高技術責任者)。彼らはどんな情報を必要としているのか。CTO向けイベントに潜入した記者が考察した。(2017/1/24)

米投資銀行の調査レポート
「オンプレミス vs.クラウド」論争が再燃――データの「ブーメラン現象」も
クラウドコンピューティングは期待していたほど費用対効果が高くないと感じているITベンダーや大企業が増えており、一部のアプリケーションをオンプレミスに戻した企業もある。(2017/1/23)

シャドーITが陽のあたる場所へ
草の根運動でユーザー数を広げていく「Slack」の“land and expand戦略”とは?
会社指定のコラボレーションプラットフォームに不満を持つ従業員が、IT部門の許可なく「Slack」や「Circuit」といったアプリをダウンロードして、同僚もユーザーにするケースが増えている。(2017/1/23)

コンプライアンス基準への理解度が顕著な低さ
社長がセキュリティリスク? 調査で見えた“経営層の脆弱性”
経営幹部の間で、ガバナンス、リスク、コンプライアンス、さらに企業に影響するセキュリティのコンプライアンス要件に対する考えが曖昧であると、最新の調査で明らかになった。(2017/1/20)

2017年ストレージベンダーの現状と展望【後編】
消える老舗に台頭する新興、そして気になるWestern Digital──激変必至ストレージ業界
Dell EMCの登場をきっかけに2017年に大きな再編が起きそうなストレージ業界。大手老舗さえ安心できない状況で、消滅の危機にあるベンダーの“ハザードリスト”を紹介する。(2017/1/19)

バーコード専用端末ではもう間に合わない
現場と経営陣の距離を縮める「SAP ERP+スマートフォン」の倉庫管理術
SAP ERPを導入した企業にとって在庫状況のリアルタイム把握は精度の高い経営判断に不可欠。そのためには、簡単かつ確実で安定して動作する在庫データ入力システムが現場に必要だ。(2017/1/18)

エコシステムの充実がクラウドを盛り上げる
パートナー同士の協業で知見を共有、市場拡大とともに成長したAWSのビジネス戦略
AWSといえば代表的なパブリッククラウドサービスベンダーの1つだ。ビジネスにおけるクラウド利用が多くの企業に広がるほど、パートナーの協力が重要になる。同社はどのような支援制度を提供しているのか。(2017/1/17)

“『酒』『食』『飲』を手掛けるユニークな「食品企業」”を支える新しいIT基盤
サッポログループが実現、グローバルIT基盤の刷新とそれを支える運用管理
国内酒類や食品・飲料など多くの事業を展開するサッポログループは、事業改革を進めるためにグループIT基盤を短期間で刷新した。刷新はどのように実現したのだろうか。(2017/1/13)

2017年ストレージベンダーの現状と展望【前編】
変化に対応した企業にチャンス、Dell EMC、Nutanixなど主要ベンダーはどう動く?
主要なエンタープライズストレージベンダーは、2017年にどのような課題と機会に直面するのか。包括的な予測をお届けする。(2017/1/12)

変わるIT部門が必要なスキル
CIOが頭を悩ますIT人材不足、解決の鍵は「人事部門」
IT人材が不足している中、最高情報責任者(CIO)は人事部門と強固な関係を築く必要がある。「どのように関係を築けばいいのか」「なぜ協力が必要なのか」を紹介する。(2017/1/10)

動画活用も有効
「Windows 10が分からない」をどうする? OS移行成功の鍵は“トレーニング”
ユーザートレーニングは、Windows 10への移行における重要なステップだ。IT担当者が講師を務めて実施したり、豊富に提供されている動画を使って行ったりできる。(2017/1/6)

特選プレミアムコンテンツガイド
病院経営はIoTと自動化で変わる――先行事例に見る「未来の医療業務」
医療業界でのIoT(モノのインターネット)や自動化技術は、在庫管理や人材の適正配置といった業務効率化だけでなく、院内の位置情報把握や生体情報の遠隔モニタリングといった患者満足度向上においても活躍している。米国の先行事例を紹介する。(2017/1/6)

リプレース事例で検証
情シスしか使えないBIを全員が使えるBIへ、現場はどう変わる?
専門知識が必要で社内普及が進まないことの多いBIツール。しかし、大洋製器工業では社員の8割が自在にあるBIツールを使いこなしている。なぜこれほど普及、定着したのか。秘密を解説する。(2017/1/6)

小規模チームならではの戦い方がある
巨象も学ぶ――大企業がスタートアップから得られる「小さく始める」コツ
スタートアップ企業と同様の考え方を持つことで、巨象のような大企業も俊敏に動けるかもしれない。創業期の企業から得られる教訓を幾つか紹介する。(2016/12/28)

医療分野のアウトソーシング企業 イートライアルの事例
面倒なメール整理・削除からの解放 「Office 365」で運用者と利用者の手間を削減
メールシステムのリプレースをきっかけに「Office 365」を導入したイートライアル。今や「Skype for Business」や「SharePoint Online」も活用し、自社だけでなくグループ全体の働き方を変革しようとしている。(2016/12/27)

事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第6回】
被害者が加害者になるケースもあるWebサイト改ざん、有効な対策は?
広報や通販などへのWebサイト活用は一般的になったが、セキュリティ対策は万全だろうか。Webサイトの更新や管理に広く利用されるCMS(コンテンツマネジメントシステム)の意外な落とし穴と、お勧めの対策を解説する。(2016/12/26)

Loading