2006年06月07日 09時30分 UPDATE
特集/連載

マイクロソフトのストレージ戦略に迫る!【第1回】マイクロソフトの「本気」がユーザビリティを左右する

「Windows Storage Server」のメジャーアップグレードに向けた準備が進む中、マイクロソフトは本気でストレージ分野のメジャープレイヤーを目指し始めた。そこで、マイクロソフトの今後のストレージ戦略を日米で追求する。第1回〜3回は米国よりのレポートである。

[ブラッド・オニール,TechTarget]

機能分野からマイクロソフトの戦略を把握する

 マイクロソフトがストレージ分野でビッグプレイヤーになりたいと願うのは、もちろん驚くことではない。しかし、マイクロソフトがEMC、ヒューレット・パッカード(HP)、IBM、ネットワークアプライアンス、シマンテックといった企業に対抗できるのだろうか。マイクロソフトがほかのIT市場で覇権を確立したことを考えれば、同社のストレージロードマップを詳細に検討したうえで、同社のストレージ戦略が最終的にどのようなものになるのか、そしてその中で同社がどのような技術やパートナーシップを利用するのかを判断する必要がありそうだ。マイクロソフトの成功は決して保証されているわけではないが、もし同社がその支配力をストレージ分野にまで拡大することができれば、その影響がエンドユーザーにも及ぶのは間違いないだろう。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端...

news101.jpg

セールスフォース・ドットコム、SalesforceにAI機能を組み込む「Salesforce Einstein」を発表
セールスフォース・ドットコムは、Salesforceのクラウドサービスに人工知能(AI)を組み...

news077.jpg

日本の複数デバイス利用ユーザーの半数は4台以上持ち──クロスデバイス利用動向調査
Appierは、アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査の日本版の調査結果を発...