2006年12月11日 07時07分 UPDATE
特集/連載

ロキ・ジョーゲンソンのネットワーク入門QoSは政治のようなもの

QoSは政治とよく似ている。リソースが乏しく、需要が大きいときにのみ重要になるのだ。

[Loki Jorgenson,TechTarget]

 不健全なネットワークや障害だらけのネットワークでは、QoS(Quality of Service)は沈みゆく船のラダー(方向舵)のようなものだ。何も修正することができないし、品質低下という問題を解決することもできない。逆に、設備の整った健全なネットワークでは、QoSは必要ない。すべてのアプリケーションが十分なリソースを受け取れるからである。では、QoSはいつ、どんな目的で利用するのだろうか。

 QoSは政治とよく似ている。リソース(資源)が乏しく、需要が大きいときにのみ重要になるのだ。そういった場合、ほかのサービスの価値を下げることによって特定のサービスを優先するというソリューションが一般化した。そして通常、プレミアムユーザー(特別扱いを受けるユーザー)は法外な料金を払わされることになる。これは、政治というよりは経済の問題だ。

 大多数(すべてではないにせよ)のQoSメカニズムは、帯域幅(正確に言えば、データ転送能力)を効果的に制限するという事実に目を向ける必要がある。帯域幅を増やすわけではないのだ。特定のアプリケーションの邪魔になるクロストラフィックの量を(ほかのアプリケーションの犠牲の上に)制限するのである。そうすることで、これらのいわゆるプレミアムアプリケーションだけにネットワークパスを見せるのだ。これはゼロサムゲームであり、1つのアプリケーションが何かを得たら、その分だけほかのすべてのアプリケーションが失うのである。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news020.jpg

表示されている? 見られている? 結局リーチしている?――「質的視点」からの新たな効果指標について
脱PV至上主義を叫ぶのはいいとして、具体的には何を目指すのか。戦略コンサルが提案する...

news019.jpg

スタンプラリーにポイントカード、顧客満足度向上の決め手を調査から読む
顧客満足度の高い企業、ポイントカードやクレジットカードの保有枚数にスタンプラリー企...

news114.jpg

NTTドコモと博報堂、O2Oマーケティング分野における業務・資本提携に合意
NTTドコモと博報堂は業務・資本提携について合意したと発表した。O2Oマーケティング分野...