2007年11月16日 20時58分 UPDATE
ニュース

NEWSオラクル、「Oracle Fusion Middleware 11g」のプレビューを公開

顧客からの要望の高いSOAやEnterprise 2.0機能を統合した、最新アプリケーションの構築・展開のための基盤「Oracle Fusion Middleware」の機能強化を公開

[TechTarget]

 米オラクルは11月13日(現地時間)、「Oracle OpenWorld 2007」にて同社の最新アプリケーション基盤「Oracle Fusion Middleware 11g」に搭載予定の機能プレビューを公開した。Oracle Fusion Middleware 11gでは、顧客からの要望に基づく強化が取り入れられたという。SOAおよびEnterprise 2.0アプリケーションを構築・展開するための基盤として、以下のような新機能が紹介されている。

  • 「Oracle SOA Suite」
  • 「Oracle WebCenter Suite」
  • 「Oracle JDeveloperおよびApplication Development Framework」
  • 「Oracle Application Server」
  • 「Oracle Identity Management Suite」
  • 「Oracle Enterprise Content Management Suite」
  • 「Oracle Business Intelligence SuiteおよびEnterprise Performance Management System」
  • 「Oracle Enterprise Manager for Oracle Fusion Middleware」

 同社によると、Oracle Fusion Middlewareの機能強化により、顧客は「最新かつ包括的なサービス指向アプリケーションプラットフォームの構築」や「よりリッチなEnterprise 2.0アプリケーションの開発」、また「ユーザーIDの管理をそのライフスタイル全体を通じて改善」することが可能になるとしている。なおOracle Fusion Middleware 11gの製品リリースは2008年を予定している。

関連ホワイトペーパー

Oracle(オラクル) | SOA | ミドルウェア


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news018.gif

ソニーのスマートウォッチ「wena wrist」が当たる ITmedia マーケティング無料メルマガ購読キャンペーン
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...

news016.jpg

「流行りものだからとりあえずInstagram」などと安直にメディアを選んでいませんか?
InstagramかYouTubeか、それともTwitter? 最終回となる今回は、インフルエンサーの効果...

news010.jpg

メルカリ、フィンテック、宅配便再配達問題…… EC時代の生活者インサイトはどうなってる?
利便性がもたらす社会のひずみについて考えさえられる今日このごろ。各種の調査データか...