2007年11月16日 20時58分 UPDATE
ニュース

NEWSオラクル、「Oracle Fusion Middleware 11g」のプレビューを公開

顧客からの要望の高いSOAやEnterprise 2.0機能を統合した、最新アプリケーションの構築・展開のための基盤「Oracle Fusion Middleware」の機能強化を公開

[TechTarget]

 米オラクルは11月13日(現地時間)、「Oracle OpenWorld 2007」にて同社の最新アプリケーション基盤「Oracle Fusion Middleware 11g」に搭載予定の機能プレビューを公開した。Oracle Fusion Middleware 11gでは、顧客からの要望に基づく強化が取り入れられたという。SOAおよびEnterprise 2.0アプリケーションを構築・展開するための基盤として、以下のような新機能が紹介されている。

  • 「Oracle SOA Suite」
  • 「Oracle WebCenter Suite」
  • 「Oracle JDeveloperおよびApplication Development Framework」
  • 「Oracle Application Server」
  • 「Oracle Identity Management Suite」
  • 「Oracle Enterprise Content Management Suite」
  • 「Oracle Business Intelligence SuiteおよびEnterprise Performance Management System」
  • 「Oracle Enterprise Manager for Oracle Fusion Middleware」

 同社によると、Oracle Fusion Middlewareの機能強化により、顧客は「最新かつ包括的なサービス指向アプリケーションプラットフォームの構築」や「よりリッチなEnterprise 2.0アプリケーションの開発」、また「ユーザーIDの管理をそのライフスタイル全体を通じて改善」することが可能になるとしている。なおOracle Fusion Middleware 11gの製品リリースは2008年を予定している。

関連ホワイトペーパー

Oracle(オラクル) | SOA | ミドルウェア


この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネッ...

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...