2008年04月28日 18時34分 UPDATE
ニュース

NEWSアシスト、.NET上での開発を簡素化したRADツールの最新版を販売

米Sybaseのアプリケーション開発ツール「PowerBuilder 11」の日本語版を販売開始。.NETプラットフォーム上での開発の簡素化や、データベース接続の拡張などが特徴。

[TechTargetジャパン]

 アシストは4月25日、アプリケーション開発ツール「PowerBuilder 11」の日本語版の販売を開始した。

 PowerBuilderは米Sybaseの提供する高速アプリケーション開発(RAD)ツール。最新版となるPowerBuilder 11では.NETプラットフォーム上での開発を簡素化。具体的には、PowerBuilderアプリケーションを.NET Windowsフォームアプリケーションとして作成し、ソフトウェアの配布・更新技術「Click Once」を使用して配布したり、ASP.NETアプリケーションとしてWeb上に配布が可能になった。また、PowerBuilder NVO(Non-visual objects/非ビジュアル・オブジェクト)を.NETアセンブリ、またはWebサービスとして配布可能。

 また、データベース接続を拡張し、「Microsoft SQL Server」のSNCインタフェースおよびOracle 10g RACをサポート。動作環境としてWindows Vista Business Editionにも対応している。

 価格は「PowerBuilder Enterprise for Windows」が53万円、「PowerBuilder Desktop for Windows」が5万2000円(ともに税抜き)。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...