Loading
2009年07月29日 00時00分 UPDATE
PR

次世代インフラ管理ツール「CA eHealth/Spectrum」システムの過去と未来を見渡して、余計な運用管理コストを一気にカット

「なぜ運用管理コストが減らないのか?」それは局所的、その場しのぎの障害対応に終始しているからだ。「モグラたたきゲーム」のような運用管理から脱却するためには、システム全体を見渡すための手段が必要だ。

[ITmedia]

 世界同時不況に直面し、厳しいコスト削減要請にさらされている企業にとって、システム運用管理もその例外ではない。企業のIT投資の実に70%以上が、既存システムの運用管理コストに充てられているという調査結果もある。システム運用管理コストの削減は、今やどの企業にとっても避けて通ることのできない課題だ。

 しかし、具体的にコスト削減に着手しようとしても、システムのどの部分に手を付ければいいのか、見当が付かないという声も聞く。要するに、自社のシステムが普段どのように稼働し、どの部分に余計なコストが掛かっているのか、それを切り分けるための裏付けとなるデータが不足しているのだ。

 必要なことは、常日ごろからきちんとシステムの利用状況についてモニタリングし、その結果取得したデータに基づいて意思決定を行い、アクションを起こすということだ。まさにこれを実現するためのツールが、日本CAが提供する「CA eHealth」だ。システム運用管理を単体の機器レベルではなくITサービスのレベルで管理し、障害発生を事後ではなく事前に検知できるので管理者がプロアクティブな対応を取ることを可能にする。さらには、中長期的なキャパシティー分析も可能な、戦略的なコスト削減施策を支援するためのツールに仕上がっている。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報は、情報提供元である「日本CA株式会社」に収集される
  • 「日本CA株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「日本CA株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:日本CA株式会社

提供:日本CA株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部