Loading
2009年11月25日 00時00分 UPDATE
PR

ソリトンシステムズ仮想化環境対応セキュリティ製品安全な仮想化環境の3条件とは――ブームの裏にセキュリティ崩壊の危機

さまざまな動機で仮想化への関心は高まる一方だが、仮想化環境へシフトすることで従来のセキュリティレベルが一気に破たんする事態が懸念されている。ブームの陰で何が起きているのか。

[TechTargetジャパン]

 IT投資が年々縮減傾向にある中、仮想化への関心は一向にさめる気配などなく、ますます熱を帯びていくようである。

 ITインフラの統合・集約によるコスト削減、運用管理負荷の軽減、競争力の強化、さらにはレガシー資産の延命などを目的に、仮想化に本格的に取り組む企業が急増。自社のデータセンターをクラウド化し、パブリッククラウドサービスと連携したプライベートクラウドを構成して、より柔軟性の高いITインフラ利用環境を構築しようとする企業も出始めている。2011年までに現在稼働中のサーバの半数が仮想化されると予想する調査結果もある。

 仮想化・クラウド化は、変化の激しいビジネスへの対応と、閉塞気味のITシステムの現状を改善するための切り札としての期待があるのは確かだ。しかし、どこか漠然とした不安を感じてはいないだろうか。仮想化で従来のようなセキュリティレベルやIT統制はいかに保たれるのか。多数のアプリケーションを詰め込んでいる仮想サーバの安全性はどう維持すればいいのか。あるいは、自社の機密データを預けているパブリッククラウドサービスは確実にセキュリティポリシーを満たしているのか。

 そんな懸念がある中、ネットワークセキュリティ製品を提供するソリトンシステムズは、仮想化によるセキュリティの破たんやコンプライアンスレベルの低下に警鐘を鳴らす。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報は、情報提供元である「株式会社ソリトンシステムズ」に収集される
  • 「株式会社ソリトンシステムズ」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「株式会社ソリトンシステムズ」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:株式会社ソリトンシステムズ

提供:株式会社ソリトンシステムズ
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部