2010年01月13日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS日立ソフト、専用USBメモリで社外PCをオフィス環境に変えるセキュリティソフト

日立ソフトは社内データを暗号化して社外に持ち出せるソフト「秘文 LE Personal Office」を2月26日から発売する。

[TechTargetジャパン]

 日立ソフトは1月12日、社内データを暗号化して社外に持ち出せるソフト「秘文 LE Personal Office」を2月26日から発売すると発表した。

 秘文 LE Personal Officeは、社内のデータを自宅や出張先といった社外のPCでセキュアに参照・編集するためのセキュリティ対策ソフト。専用USBメモリに保存したデータは自動的に暗号化され、社外のPCで参照・編集する際にはパスワード認証が必要だ。

この専用USBメモリを(社外の)PCに差し込めば、保存した文書データをMicrosoft Officeや一太郎といった、アプリケーションで直接参照・編集することが可能。編集したデータは専用USBメモリにのみ保存でき、社外のHDDやメモリに保存することはできない。専用USBメモリの容量は1Gバイト、2Gバイト、4Gバイトから選べる。価格はオープン。

画像 社内データを暗号化して出張先や自宅のPCで取り扱う「携帯オフィス環境」を実現
秘文LE Personal Office動作環境
項目 スペック
OS Microsoft Windows XP Home Edition(SP2、3)
Microsoft Windows XP Professional(SP2、3)
Microsoft Windows Vista Business(SP1、2)
Microsoft Windows Vista Enterprise(SP1、2)
Microsoft Windows Vista Home Basic(SP1、2)
Microsoft Windows Vista Home Premium(SP1、2)
Microsoft Windows Vista Ultimate(SP1、2)
CPU Intel PentiumIII 500MHz相当以上
Intel Core Duo 1.66GHz相当以上(Microsoft Windows Vistaの場合)
メモリ 256Mバイト以上(512Mバイト以上推奨)
1Gバイト以上(2Gバイト以上推奨)(Microsoft Windows Vistaの場合)
HDD 30Mバイト以上の空き容量

 秘文シリーズは、情報の持ち出しの制御、持ち出しログの取得、情報の暗号化などオフィスIT環境の具体的なセキュリティ対策を行う「秘文 AE シリーズ」、社員のセキュリティ対策実施状況の把握、不正ユーザーのネットワーク接続遮断などセキュリティ対策状況の監視と管理を行う「秘文 ME シリーズ」、PC1台からのセキュリティ対策をするピンポイントのセキュリティ対策「秘文 LE シリーズ」の3シリーズからなる。秘文 AE シリーズと秘文 ME シリーズは、高セキュリティを強固に実現したい大企業向け製品であるのに対し、今回発表した秘文 LE シリーズは、セキュリティ機能を単体で導入したいという中小企業向けの製品。

 なお、日立ソフトは1月29日から、秘文 AE シリーズの新製品として、サーバからのデータの不正な持ち出しを制限する「秘文 AE ServerDefender」を発売する予定だ。

関連ホワイトペーパー

セキュリティ対策 | 暗号化 | USBメモリ


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news147.jpg

マイクロアド関連会社、上海発の訪日クルーズ船内で日本の商品を販促
マイクロアド・インバウンド・マーケティングは中国の訪日クルーズ船と提携し、上海から...

news136.jpg

「KANADE DSP」が機械学習を活用してコンバージョン獲得コストの自動最適化機能を強化
京セラコミュニケーションシステムは「KANADE DSP」において、コンバージョン獲得コスト...

news131.jpg

日本のマーケターはプログラマティックとソーシャルに積極的、AdRollが調査
AdRoll日本法人は、日本のプログラマティック(運用型広告/データに基づくリアルタイム...