2010年06月14日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS日立東日本ソリューションズ、ソフトウェア開発向けプロジェクト管理システムを発表

製造業・建設業向けのプロジェクト管理システムをベースに、日立グループの開発ノウハウを集約して、ソフトウェア開発向けの新製品を提供する。

[TechTargetジャパン]

 日立東日本ソリューションズは6月11日、システム開発におけるプロジェクト管理システム「SynViz/SD」の提供開始を発表した。

 今回発表したSynViz/SDは、同社がこれまで製造業・建設業を中心に提供してきたプロジェクト管理システム「SynViz/PJ」を、システム開発プロジェクト管理業務向けに開発したWebシステム。同社によると、日立グループ各社の開発プロジェクトで導入・評価した上で、そのノウハウを集約・実装したとしている。

 SynViz/SDでは、上位日程をベースにした下位日程の作成や下位日程のフィードバックを反映した上位日程の再調整がWeb上で容易にできるため、日程調整にかかる工数の削減と組織間の合意形成を支援する。

 また、企業内で定めている標準作業と、各プロジェクト固有の作業の両方を織り込んだWBS(作業分解図)を作成できる「WBS作成ワークシート」を提供する。作成したWBSをSynViz/SDに取り込んで新規にプロジェクトを作成したり、既存プロジェクトを部分的に利用してWBSを適用でき、プロジェクト計画の工数を削減する。

 さらに、各プロセスで作成される仕様書やマニュアルなどのドキュメントをSynViz/SD上の工程や作業項目にひも付けて管理することが可能。これにより、SynViz/SD上で実際のドキュメントを参照しながら工程の進ちょく状況を確認することができる。同社は今後3年間で売り上げ10億円を見込んでいる。

ITmedia マーケティング新着記事

news007.jpg

電通デジタル、日本企業のデジタルトランスフォーメーション&デジタルマーケティングに関する調査を実施
電通デジタルが実施した「デジタルトランスフォーメーションとデジタルマーケティングの...

news048.jpg

Facebook活用で地方創生、神戸市の取り組みで見えた成果と課題とは?
フェイスブック ジャパンと神戸市が2018年7月に提携した「地域経済・地域コミュニティ活...

news035.jpg

スパイスボックスがAIを活用したフォロワー獲得サービス、ブランドと親和性の高いユーザーに「いいね!返し」
スパイスボックスは、AIスタートアップ企業AIQが蓄積するInstagram約700万アカウントのプ...