2012年01月13日 09時00分 UPDATE
特集/連載

「クリニックITフォーラム2011」講演リポート【前編】診療所のIT化 カギを握る6つのポイント

クラウドやスマートモバイル、災害対策など、診療所がIT化を進める上で重要な6つのポイントを紹介する。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 2011年12月11日、日本科学未来館で「クリニックITフォーラム2011」が開催された。このフォーラムは、医療IT製品の総合常設展示場「メディプラザ」が主催した医療関係者向けイベント。「最近のクリニックIT事情と、ちょっと未来のITクリニック像」をテーマとして、各種講演や製品展示、デモンストレーションを行う体験会などが行われた(展示リポート記事:イベントで見た、診療所IT化の近未来)。

photo メディプラザの大西氏

 フォーラムでは、メディプラザの統括マネージャーである大西大輔氏が「医療IT最新事情 〜医療ITの今と未来を探る」という講演で、今後の診療所のIT化に関する6つのポイントを説明した。本稿ではその講演内容を紹介する(大西氏連載コラム:医療ITの現場から)。

 「1970年代にレセプトコンピュータが誕生し、2000年に電子カルテが法的に認められ医療機関のIT化が進んだ。2005年以降は特に、電子カルテ、PACS(医用画像管理システム)、予約システムが診療所の“三種の神器”として普及しつつある」

 大西氏は診療所のIT化の変遷をこう説明し、今後の診療所におけるIT化のポイントとして以下の6点を挙げた。

診療所のIT化 6つのポイント

  1. 患者数が多い場合に最適なIT運用
  2. 診療科別に適切な電子カルテの選定
  3. 在宅医療に対応するモバイル端末の利用
  4. 災害リスクを考慮したシステム構成
  5. コスト面を考慮したクラウド化
  6. 地域医療連携ネットワークへの参加

1. 診療に集中するためにクラークと連携した電子カルテ運用を

 診療所によっては、1日300人以上の来院患者を診察することもある。そうした多くの患者を診察する場合、大西氏は「診療に集中するためにも、操作スキルに応じた電子カルテの利用が重要になる」と説明した。その上で、「電子カルテの操作がどうしても苦手な場合は、紙媒体を残したり、医療クラークが代行入力する運用が効果的だ」と語った。

photo PC操作レベルと電子カルテ運用《クリックで拡大》

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

佐藤尚之氏が語る、新規獲得が難しい時代だからこそ「ファン」を大切にすべき理由
これからのマーケティングが「ファンベース」であるべき理由とは何か。コミュニケーショ...

news134.jpg

Oracle、IBM、Adobeが語るデジタルマーケティングの新潮流
主要マーケティングツールベンダーは現在のマーケティングトレンドをどう見ているのか。...

news112.jpg

KDDI、ショッピングモール「Wowma!」出店店舗の中国向け越境EC参入をサポート
KDDIは、越境ECプラットフォーム「豌豆 (ワンドウ) プラットフォーム」を運営するInagora...