2011年12月21日 09時00分 公開
特集/連載

イベントで見た、診療所IT化の近未来「クリニックITフォーラム2011」展示会リポート

2011年12月11日、日本科学未来館で「クリニックITフォーラム2011」が開催された。本稿では、その中から医療ITに関連した展示内容を紹介する。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 このフォーラムは、医療IT製品の総合常設展示場「メディプラザ」が主催した医療関係者向けイベント。「最近のクリニックIT事情と、ちょっと未来のITクリニック像」をテーマに、IT化に取り組んでいる診療所の医師による基調講演、企業の製品展示やデモンストレーションを行う体験会などが行われた。

電子カルテやPACS、周辺システムにおける情報連携

 医療機関では現在、各種検査機器やシステムのIT化が進んでおり、今後は電子カルテやPACS(医用画像システム)などとの情報連携が進むと予想される。今回は機器間連携に関する展示が多く見られた。

超音波診断装置との連携 日立メディカルコンピュータ

 日立メディカルコンピュータは、同社のクリニック向け電子カルテシステム「Hi-SEED」「Doctor-SEED i」と、日立メディコの「Avius」、日立アロカメディカルの「プロサウンドα6」など超音波診断装置との連携デモを展示した。

 患者IDなどで電子カルテや検査システムを関連付けることで、医用画像や動画など他システムが保有するデータを電子カルテ画面に表示する。

photo Hi-SEED上に表示された超音波診断データ

PACSとの一体型電子カルテ 三洋電機

photo Medicom-HRII Plissimo

 三洋電機は、2011年12月7日に発表した 診療所向けシステム「Medicom-HRII Plissimo」を展示。Medicom-HRII Plissimoは、三洋電機の電子カルテ「Medicom-HRII」とパナソニック メディカルソリューションズのPACS「Plissimo」を一体化させたシステム。システムごとに保有していたデータを一元管理することで、システム間のデータ連携を容易にする。

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

新型コロナ接触確認アプリ プライバシーと感染抑止の間で揺れ動く各国の対応
欧米では新型コロナ「第2波」への危機感が高まっています。主要国における接触確認アプリ...

news163.jpg

2020年米国ホリデーシーズンショッピング、オンライン売上高が過去最高に――Adobe予測
Adobeはホリデーシーズンの米国におけるオンライン売上高が1890億ドルになると予測してい...