2011年06月10日 09時00分 公開
特集/連載

電子点数表チェック機能を活用できる電子カルテ「Medicom-HR II」診療所向け電子カルテ製品紹介:三洋電機

2010年の診療所向け電子カルテの市場調査でシェア1位となった三洋電機。今回は、同社のレセコン一体型電子カルテシステム「Medicom-HR II」を紹介する。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]
photo 三洋電機の大畑氏

 シード・プランニングが2010年10月に発表した調査リポート『2010年版 電子カルテの市場動向調査』で、診療所向け市場のシェア1位となった三洋電機。同社は、レセプトコンピュータ(以下、レセコン)一体型の電子カルテ「Medicom-HR II」と、レセコンと組み合わせて中小病院でも利用可能な電子カルテ専用システム「Medicom-DP/X・III」の2種類を診療所向けに提供している。

 三洋電機 メディコム事業部 医科システム部 医科企画課 主任企画員 大畑敦司氏は「新規で開業予定の医師には、レセコン機能も併せて活用できるMedicom-HR IIを薦めている」と語る。

利用者ごとに最適な電子カルテ機能を提供

 Medicom-HR IIは2010年10月に「Medicom-HR」の後継機種として販売を開始し、2011年2月にバージョンアップを実施した。システムの最小構成は2台で、最大10台まで拡張可能だ。

photo Medicom-HR II

 三洋電機はMedicom-HR IIの製品コンセプトとして「My Style My karte」を掲げ、画面表示や入力方法などをカスタマイズしやすくすることで、医師や看護師など利用者ごとに最適化させるというアプローチを取っている。大畑氏は、Medicom-HR IIの特長として「見やすさ」「使いやすさ」「システム連携」の3つを挙げている。

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...