2022年12月09日 05時00分 公開
特集/連載

Azure活用の医学研究「Our Future Health」が目指す“ゲノム医療”の姿Azureが支える医学研究【後編】

英国の医学研究プロジェクト「Our Future Health」は「Microsoft Azure」を使って、500万人以上の医療データを処理する。こうした医療データの活用は、どのような医療の実現につながるのか。

[Caroline DonnellyTechTarget]

関連キーワード

医療IT


 英国の国民保健サービス(NHS:National Health Service)、製薬企業、医療機器メーカー、医学会などが参画する合同プロジェクトとして、大規模医学研究「Our Future Health」が始まった。Our Future Healthには500万人以上のボランティアが参加し、医療データを提供する見込みだ。こうした医療データは、どのような研究に使われるのか。

Azure活用で目指す“ゲノム医療”の姿

 Our Future HealthではMicrosoftのクラウドサービス群「Microsoft Azure」が、ボランティアから収集した医療データを研究用に処理するためのインフラとなる。Microsoft Azureは、医療・研究機関が使用するWebサイトやアプリケーションを運用するためのインフラとしての役割も担う。ボランティアの医療データの格納先は、NHS Digital(NHSでIT活用の司令塔となる組織)が管理する研究データシステム「Trusted Research Environment」(TRE)だ。

 TREはゲノム(遺伝情報)研究用の機能を備えており、研究者がDNAシーケンス(塩基配列)のデータにアクセスして分析できるようにしている。Our Future Healthで収集するデータは、寿命を縮める疾患を迅速に発見する方法や、新しい検査法、予防法、治療法の開発に役立つ可能性がある。個別化医療の研究にOur Future Healthのデータを活用して、特定の疾患の発症を遅らせたり、発症リスクが高い患者を高精度で予測したりする方法の確立を目指す意図もある。

 Our Future Healthの最高責任者を務めるアンドリュー・ロッダム氏は、研究活動においてMicrosoft Azureは不可欠な要素になると考えている。「Microsoft Azureは研究に不可欠なシステムを支え、人々の健康状態を詳細に把握するための全体像を浮き上がらせる重要な存在になる」(同氏)

 「Microsoft Azureを信頼してデータを預ける医療機関は増えている」。Microsoftの英国法人でヘルスケア・ライフサイエンス部門の責任者を務めるジェイコブ・ウエスト氏は、こう語る。

 医療データと個人情報をしっかり管理・保護しつつ、医学的な洞察を獲得したり、より良い医療を提供したりしたい――。こうしたニーズを持つ世界中の医療機関や研究機関が、Microsoft Azureを活用しているとウエスト氏は説明する。「Our Future Healthは人生を一変させ得る“ありふれた疾患”に、新しい知見を見いだすものになると期待している」(ウエスト氏)

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...