“PCが売れないロシア”で本当に苦しむのはDellやHPではなかった制裁下のロシアとIT市場【前編】

ロシアのウクライナ侵攻が続く中、ロシア国内におけるPC販売台数や主要ベンダーの売り上げが過去最悪レベルで低迷している。ロシア国内の消費者はどのような影響を受けるのか。

2022年12月09日 05時00分 公開

 ロシアによるウクライナ侵攻の影響を受け、ロシア国内におけるPC販売台数が低迷している。HPやDell Technologiesといった主要ベンダーのPC販売も落ち込んだ。ロシアの消費者と企業はどのような状況に直面しているのか。

PCが売れないロシアの影響

 ロシアの大手IT製品販売会社Marvel-Distributionが公開したデータによると、2022年上半期(1月〜6月期)におけるロシアでのPC販売台数は、前年の同時期と比較して20.3%減の118万台だった。PCやソフトウェアといったIT製品のロシアにおける2022年第2四半期(4月〜6月期)の売上高は、前年の同時期と比べて42.5%も落ち込んだ。

 主要ベンダー別に見ると、HPの2022年上半期のPC売上高は2021年の同時期に比べて49%減少し、販売台数は約8万台だった。一方、Lenovoの販売台数は前年の同時期から3%増の約9万5000台で、2022年上半期におけるロシア市場の8%を占めた。

 Dell Technologiesの担当者は、ロシア国内のオフィスを2022年8月中旬に閉鎖し、事業を停止したことを認めている。同社の広報担当者は次のように話す。「Dell Technologiesは2022年2月、既に禁輸措置が講じられていたクリミア半島に加え、ロシア本土やベラルーシ、ウクライナのドネツク州とルハンスク州に対し、製品やサービスの販売とサポートを提供しない決断を下した」

 ITベンダーの市場撤退やウクライナ戦争の影響による経済状況の悪化といった影響を受け、ロシア国内の消費者や企業はPCやソフトウェアなどIT製品が不足するリスクにさらされている。


 後編は、ロシアにおけるIT機器の消費者に生じた意識の変化と、今後の市場動向について紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...