2022年12月08日 08時15分 公開
特集/連載

「eSIM」に人々が期待している“手軽さ”とは何かいよいよ来る「eSIM革命」【後編】

米国、英国、オーストラリアの消費者を対象とした調査から、消費者が「eSIM」に期待していることが明らかになった。期待内容の詳細と、今後の通信事業者が目指すべき方針を、有識者の見解に沿って解説する。

[Joe O’HalloranTechTarget]

 デバイス内に組み込んだSIMカード「eSIM」(組み込み型SIM)が盛り上がりを見せている。

なぜeSIMは魅力的なのか

併せて読みたいお薦め記事

連載:いよいよ来る「eSIM革命」

モバイルネットワークとスマートモバイル市場


 市場調査会社Dynataは、通信事業者向けソフトウェアベンダーAmdocsによる委託の下、2022年8月にeSIMに関するオンライン調査を実施した。調査対象は、米国、英国、オーストラリア在住の18歳以上の消費者2500人だ。eSIMのメリットを訪ねた設問で、回答者が挙げた主な項目は、

  • キャリアや料金プランを瞬時に切り替えられること(32%)
  • 物理的なSIMカードを買う手間が省けること(20%)
  • プラスチック製のSIMカードを抜き差しする必要がなく、全ての導入作業をデジタルで済ませられること(13%)

だった。その他、

  • 海外旅行時のローミング料金が節約できること
  • デバイスの機能強化がしやすくなること
  • プラスチック製SIMカードの使用が抑えられ、環境保護につながること

といった項目も、回答者の関心を集めた。

 「今回の調査結果は、eSIMに対する消費者の熱意を明らかにしただけではなく、eSIMがユーザーエクスペリエンス(UX:ユーザー経験価値)とサステナビリティを向上させる可能性があることを示した」。Amdocsのテクノロジー&ヘッドオブストラテジーグループプレジデントのアンソニー・グーネティレケ氏は、そう述べる。

 Omdia(メディア・調査会社Informaの技術調査部門である、Informa Techが運営する調査ブランド)のリサーチディレクターであるダリオ・タルメジオ氏は、通信事業者にとってeSIMは「真にデジタルで、現代的な顧客体験を提供するチャンスを提供する」とみる。通信事業者はそのチャンスに乗じて、eSIMを取り入れたUXを設計し、顧客満足度を高めるべきだとタルメジオ氏は強調。「それができなければ、通信サービスは『オンラインで購入、契約、管理を完結させることができない唯一のデジタルサービス』のままになってしまう」と警告する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news091.jpg

2023年の動画広告市場は前年比112%の6253億円 縦型動画広告が高成長――サイバーエージェント調査
サイバーエージェントが10回目となる国内動画広告市場の調査結果を発表しました。

news077.jpg

バーガーキングがまた発明 “ワッパー生成AI”でブランドの伝統を現代に
Burger Kingが米国で開始した生成AIを使ったユニークなコンテストは、カスタマイズできる...

news068.png

日本の営業担当者は1日にあとどのくらい顧客と接する時間が欲しい?――HubSpot Japan調査
日本の法人営業担当者は顧客と接する時間を「1日にあと25分」増やしたいと考えています。