2012年02月09日 09時00分 UPDATE
特集/連載

ホワイトペーパーレビューデスクトップ仮想化のコストとライセンスを知る3つのホワイトペーパー

BCP、セキュリティ対策などで注目が高まるデスクトップ仮想化。だが、イニシャルコストの高さが懸念されている。本稿では、デスクトップ仮想化のコスト感やライセンス体系をつかめるホワイトペーパーを紹介する。

[荒井亜子,TechTargetジャパン]

 従業員のワークライフバランスや企業の事業継続(BCP)、セキュリティ対策を目的に、デスクトップ仮想化が注目を集めている。

 本稿では、TechTargetジャパンのホワイトペーパーダウンロードセンターに登録されているホワイトペーパーの中から「デスクトップ仮想化のコストとライセンスを知る」上で役立つ3つのホワイトペーパーを紹介する。

デスクトップ仮想化のイニシャルコストを技術ごとに比較

徹底比較!クライアント仮想化技術 〜低イニシャルコストで運用管理コストを大幅削減できる技術とは?

aa_wp01.jpg 提供:マクニカネットワークス、ページ数:17

 デスクトップ仮想化の導入に当たり大きな壁となるのがイニシャルコストの問題だ。ユーザー数にもよるが、数千万円規模の投資が必要になるため、多くの企業にとって簡単な話ではないだろう。

 このホワイトペーパーではデスクトップ仮想化の配信方式(技術)とコストに着目し、技術ごとにコストを比較している。比較対象の技術は次の4つ。

  1. シンクライアントを用いたVDI(Virtual Desktop Infrastructure)。例:VMware View、Citrix XenDesktop
  2. クライアントOS上にハイパーバイザーをインストールし、ゲストOSを稼働させるクライアント仮想化。例:VMware Workstation、Windows Virtual PC
  3. オフラインの環境でも利用も可能なVDI。例:Citrix XenClient
  4. ゲストOSを搭載せずデスクトップごと仮想化し、中央で集中管理するクライアント仮想化。例:RingCube vDesk

 特に(1)と(4)については、ユーザー数1000人の場合と5000人の場合でケースを想定し、ハードウェアやライセンスなどの項目別にイニシャルコストを算出・比較している。金額の詳細についてはぜひホワイトペーパーをご覧いただきたい。

デスクトップ仮想化のコスト比較シミュレーション

デスクトップ仮想化が実現する管理コスト削減 調査レポート

aa_wp02.jpg 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン、ページ数:24

 このホワイトペーパーは、デスクトップ仮想化がクライアントPCの管理コストをいかに削減するかを調査したITRによる報告書である。

 近年、企業においてクライアントPC管理に掛かるコストは大きな負担となっており、特にソフトウェア配布や資産管理といった継続的な運用管理コストが重要課題とされている。そこでサーバ上でデスクトップ環境を管理できるデスクトップ仮想化が解決策として注目されている。

 調査では、仮想企業としてユーザー数1500人、売上高386億円の大手製造企業を設定。デスクトップ仮想化を導入した場合としなかった場合でTCO(総所有コスト)が5年間でどのように変化するかについてシミュレーションした。

 デスクトップ仮想化ソフトにはXenDesktopを使用。ハードウェアやソフトウェア、マイクロソフトライセンスのコスト、パッチ配布やヘルプデスクの回数に至るまで実際のケースを想定し事細かに算出している。非常に具体的な試算結果だ。

 デスクトップ仮想化の導入を迷っている企業にはぜひ一読してほしいホワイトペーパーだ。

マイクロソフトのデスクトップ仮想化技術とライセンス

デスクトップ仮想化戦略

aa_wp03.jpg 提供:日本マイクロソフト、ページ数:12

 クライアントOSがWindowsの場合のデスクトップ仮想化導入コストにおいては、ストレージやデスクトップ仮想化ソフトのライセンスコストだけでなく、マイクロソフトのライセンスコストも頭の痛い問題だ。例えば、マイクロソフトのソフトウェアアシュアランス(SA)契約をしていなかったり、Windows以外の端末を使用する場合は、仮想デスクトップ用のWindowsライセンスであるMicrosoft Virtual Desktop Access(VDA)が必要になるなど、ライセンスには注意しなければならない。

 このホワイトペーパーでは、マイクロソフトが提供する5つのデスクトップ仮想化技術を解説するとともに、各仮想化技術に対応した製品と、それらの製品に必要なライセンスについて一覧表を用いて解説している。

 また、Windowsをサーバ上の仮想マシンで実行する独自のライセンスであるWindows Virtual Enterprise Centralized Desktop(VECD)やSAについても説明があるため、マイクロソフト製品の活用を考えている企業にはお薦めしたいホワイトペーパーである。


 今回紹介したホワイトペーパー以外にも、ホワイトペーパーダウンロードセンターでは、技術文書や製品資料、事例紹介などハイパーバイザーに関するホワイトペーパーを掲載している。ぜひダウンロードしてご活用いただきたい。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...