2012年03月23日 09時00分 UPDATE
特集/連載

Cloud Foundryとは何か(前編).NET環境も構築できる、Cloud Foundry4つの強み

2回にわたりCloud Foundryの魅力に迫る。前編では、昨今のIaaS、PaaSの動向から始まり、Cloud Foundryがなぜ注目されるのかについて解説する。

[植村優一,NTTコミュニケーションズ]

 国内においても高い成長性が見込まれているクラウドサービス。IaaS(Infrastructure as a Service)やSaaS(Software as a Service)が市場の中心であったが、その中間に位置するPaaS(Platform as a Service)も注目されつつある。

コモディティ化するIaaS

 クラウドサービスの中でも、仮想化技術によって細分化したコンピューティングリソースを提供するIaaSは、サービス提供者側にとっても利用者側にとっても「分かりやすい」サービスであり、これまでのホスティングサービスの延長として、それを置き換える形で普及してきた。

 しかしサービス提供者側の視点に立つと、IaaSは他社サービスとの差別化が図りにくい。コンピューティングリソースそのものを提供するという性質上、提供される機能はどこも同じになってしまう。つまりユーザー企業としても、サービスの優劣を決める要素は価格に対してどれだけの性能(CPUの速度、メモリ容量、ストレージの容量および速度など)を提供できるかでほぼ決まってしまう(関連記事:2011年クラウド業界を振り返る 〜IaaSの発展、混沌としたPaaS業界の行方)。

差別化としてのPaaS

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

今どきシニア、半数が帰省してくる子や孫の交通費を負担――あおぞら銀行調べ
あおぞら銀行は、55〜74歳の男女約2000人を対象に「シニアのリアル調査」を実施し、結果...

news040.jpg

AIが業務要件に合わせてテキスト解析、データセクションがサービス提供
データセクションは、顧客の抱える課題や要望に合わせてカスタマイズ可能なAIテキスト解...

news015.jpg

バーチャルYouTuberが半年で4000人以上に――ユーザーローカル調べ
ユーザーローカルはCyberVと協力し、バーチャルYouTuberの市場成長ついて分析しました。