2012年04月11日 09時00分 UPDATE
特集/連載

クラウド移行候補の選定クラウドに向く/向かないサービスを見極める5つのチェック項目

企業のIT環境にクラウドを導入する上での最適な方法とは何か。プライベートクラウドに移行するサービスを見極めるために役立つ5つのチェック項目を紹介する。

[Greg Shields,TechTarget]

 業界で聞かれるクラウド関連の話題は、「クラウドコンピューティングとは何か」から「クラウドを企業のIT環境に導入する最適な方法は何か」にシフトした。この変化は、かつて仮想サーバに適した物理サーバを判断する方法を知ろうとした、仮想化の候補についての議論をほうふつとさせる。

 クラウドでの運用に適したサービスを選定するための“クラウド移行候補”という考え方は、クラウドへの投資効果の最大化と並んで欠くことのできない概念だ。本稿では、プライベートクラウドに移行するサービスとして有力な候補を見極めるためのチェック項目を紹介したい。

1.クラウドのワークロードのネットワーク要件は?

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...

news102.jpg

MarketoがSlackと連携、リード関連情報のリアルタイム通知が可能に
Marketoは、Slackとの連携を発表した。顧客エンゲージメントに関するリアルタイム通知を...

news093.png

ブレインパッド、広告運用レポートの自動作成と実績予測シミュレーションが可能な「AdNote」を提供
ブレインパッドは、インターネット広告運用支援ツール「AdNote」の提供を開始した。