2012年04月26日 09時00分 UPDATE
特集/連載

キャッシュ、ジャーナリングモードなどなどLinuxのext4ファイルシステムのチューニングTips

Linuxのext4ファイルシステムは標準的なシステムに合わせた設定が施されている。幾つかの設定を見直すことで、パフォーマンスを最適化できるかもしれない。

[Sander van Vugt,TechTarget]

 通常のext4ファイルシステムの作成では、デフォルト設定が使用される。デフォルトのワークロードではそれで問題ない。だが、サーバのパフォーマンスパターンが平均的なものではない場合、ext4ファイルシステムのパフォーマンスをチューニングすることで、恩恵を受けるかもしれない。本稿では、ext4に最大限のパフォーマンスを発揮させる方法を見ていく。

システムの調査

 ext4ファイルシステムの最適化とは、ファイルシステムの調整を行うことだけではない。最初のステップは、ホストサーバが高速なファイルシステムを扱えるようにすることだ。そのためにまず、十分な量のRAMを割り当てる。ファイルシステムをうまくチューニングしても、RAMが少ないと最適なパフォーマンスが得られない。ファイルシステムのメタデータテーブルを適切にキャッシュするのに十分なメモリの余裕がないからだ。

 サーバのRAM量が十分かどうかを調べるには、freeコマンドを使う。バッファとキャッシュに使用されているメモリ量の合計が、RAM全体の20%以上であれば間に合う。だが、多いに越したことはない。サーバRAMの40%程度がバッファとキャッシュに使用できるのが理想的だ。

 次に、ディスクをチェックする。最高のパフォーマンスを得るには、最高のディスクが必要だ。かといって、SSDが必須というわけではない。しかし、スピードが必要なら7200rpmのSATAを使うのではなく、1万5000rpmのSAS(Serial Attached SCSI)を使わなくてはならない。

 ディスクコントローラーのパラメータも考慮する必要がある。バッテリーバックアップキャッシュは有効にする。書き込みパフォーマンスを上げるには、書き込みを遅らせるように設定する。読み取りパフォーマンスが重要なら、次に必要なデータが既にRAMにロードされている可能性を高めるため、先読みを設定する。

ext4ファイルシステムの最適化

 サーバをチェックしたら、ext4ファイルシステムを最適化しよう。必ず考えるべき方法が2つあり、その他にもチェックするとよいパフォーマンスオプションがある。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news004.jpg

第1回 CRMプロジェクトからの学びとCCO(Chief Customer Officer)の登場
CRMが日本に登場して約20年、企業は常に“成功事例”を模索しています。本連載では企業の...

news009.jpg

ダウンロードフリー! 「変わる広告会社(3)テクノロジーが広告会社とクライアントの関係性を変える」eBook版
「ITmedia マーケティング」編集部では、過去の人気連載をeBook形式に再編集した新シリー...

news006.jpg

第4回 経営資源を量から質へシフトせよ
営業現場にSales Force Automation(以下SFA)が浸透し、マーケティングオートメーション...