2011年05月24日 08時00分 公開
特集/連載

ネットワークを最適化するためのハイパーバイザー設定チューニングハイパーバイザーで発生する6つのトラフィック

ハイパーバイザーのI/Oを向上させるために、ネットワーク帯域を制御する必要がある。各ハイパーバイザーのMTU(最大転送ユニット)の設定について説明している。

[Mike Laverick,TechTarget]

 どのハイパーバイザーでも、ネットワークパフォーマンスを最適化する重要な設定が幾つかある。これらは、リソースの競合やオーバーサブスクリプションの回避を目的としている。

 第一に、特定のネットワークトラフィックタイプに対応するNIC(ネットワークインタフェースカード)チーミングの設定が重要だ。一般的にほとんどのハイパーバイザーでは、以下の6つのタイプのトラフィックが発生する。

  • 管理
  • IPベースストレージ(選択時)
  • ライブマイグレーション
  • 高可用性ハートビート
  • フォールトトレランスVMware固有)
  • 仮想マシン

 トラフィックタイプごとに専用の物理NICでサービスを提供できれば理想的だ。冗長性が求められるトラフィックタイプの場合、専用の物理NICであれば簡単に二重化できる。実際、トラフィックタイプごとに専用の物理NICを割り当てることは、仮想化ベンダーによってベストプラクティスや推奨事項と位置付けられていることが多い。しかし、ハードウェアに十分な数のNICがない場合や、冗長構成ができないプラットフォーム(例えば、ブレード当たり2枚のNICしかサポートしない古いブレードベースのプラットフォームなど)を使っている場合は、構成を工夫する必要がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news133.jpg

アレン・マイナー氏×境真良氏 「日本企業的DX」の神髄とは何か
異色の大物対談で語られたDX(デジタルトランスフォーメーション)の核心とは何か。

news059.jpg

世界のCMOの62%が今後1年間マーケティング予算は削減か横ばいと回答――電通インターナショナル調査
電通インターナショナルが世界規模で実施した「CMO調査2020」の結果です。

news017.jpg

HubSpotとWeWork 世界の成長企業が新しい日常で実践するスマートな働き方
ニューノーマル時代に企業が成長し続けるためのヒント。