2012年05月18日 09時00分 UPDATE
特集/連載

パワーアップしたHyper-V 2008 R2 SP1VMwareユーザーはHyper-Vに乗り換えるべき?

Windows Server 2008 R2 SP1版で導入された新機能のおかげで、Hyper-VはVMwareに匹敵する機能を提供できるようになった。Hyper-Vが仮想化市場の勢力図を塗り替えるかもしれない。ユーザーはどちらを選ぶべきか。

[Sander van Vugt,TechTarget]

 データセンターで仮想化が使われるようになってから、米VMwareは仮想化市場を支配してきた。他のハイパーバイザーはこの情勢を変えようとしてきたが、徒労に終わっている。しかし、今後は、米MicrosoftのHyper-Vが仮想化市場の勢力図を塗り替えるかもしれない。Windows Server 2008 R2 SP1版で導入された新機能のおかげで、Hyper-VはVMwareに匹敵する機能を提供できる低価格のオプションになったからだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

ZOZOテクノロジーズと戦略的パートナーシップを締結、DACが「WEAR」広告商品を独占販売
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムはZOZOテクノロジーズと戦略的パートナーシ...

news094.jpg

自社Webサイトの表示スピード計測ツール「SpeedCurve」、ドーモが提供開始
ドーモは、簡単な操作で継続してWebサイトのパフォーマーマンス測定が可能なSaas型ツール...

news062.jpg

ホリデーシーズン中の買い物、ついにモバイル経由が最多に――Salesforce.com予測
世界でデジタルショッピングが盛んになる上位5日は、ブラックフライデー、サイバーマンデ...