2012年07月04日 09時00分 UPDATE
特集/連載

業界にビッグウェーブを引き起こすか仮想デスクトップのグラフィックス性能を向上させるNVIDIAの仮想GPU

NVIDIA VGXは、仮想デスクトップのグラフィックスパフォーマンス問題を解決する技術だ。ユーザーはPC並みの環境を得ることができ、IT部門はCPU負荷やVDIの初期費用を軽減できるメリットがある。

[Bridget Botelho,TechTarget]

 企業のIT部門の多くが社内のデスクトップのごく一部しか仮想化していないのは、エンドユーザーがPCから得られるのと同等のグラフィックスパフォーマンスを仮想デスクトップインフラ(VDI)が提供できないことが理由だ。

 業界関係者によると、「NVIDIA VGX」プラットフォームは仮想デスクトップ業界にとって大きな前進となるものだという。これまで仮想化の対象外とされていたデスクトップとアプリケーションを仮想化することにより、低コストのシンクライアントデバイスやゼロクライアントデバイスを実現できるからだ。

 米Gartnerで仮想デスクトップとアプリケーションを担当するアナリスト、ガナー・バーガー氏は「これはVDIを新たな水準に引き上げるものだ」と話す。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

博報堂DYメディアパートナーズとDAC、業種特化型マーケティングソリューションの開発を開始
博報堂DYメディアパートナーズとDACは共同で、専門的な情報に特化したWebメディアと協業...

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...