2013年01月15日 08時00分 UPDATE
特集/連載

【IFRS】ホントを知りたい! 話題の会計キーワード【第3回】すいすい分かる!? 消費税増税

2014年にも予定されている消費税の増税。この増税は企業の経理処理にどのような影響を及ぼすのでしょうか。経理部の久保田君と橋本マネジャーが消費税の基本から「95%ルール」の変更まで分かりやすく解説します。

[高野裕郎]

 久保田祐都君の目の前の席は今日も誰もいません。経理部の先輩で、その席にいるはずの橋本奈保子マネジャーは先週から出張です。橋本さんはここ2年ほど海外子会社の立ち上げに関わっており、年に何回か海外に出張しています。その間、久保田君は橋本さんからの宿題を渡されるのです。今回は消費税。消費税が増税された場合に、どのように会社に影響があるのかいろいろと調べていました。

 「消費税のポイントを理解できる資料……橋本マネジャー、何に使うつもりなのだろう」

 「こんにちは」

 そこに現れたのは、コートを手に持った橋本マネジャーでした。

 「東京は暑いですね」

 「いや、この冬一番の寒さなのですが……」

 そういえば、橋本マネジャーは今回ロシアに出張なのでした。

 「来月はブラジルですからねー。あっちは真夏ですね」

 世界中を駆け回る橋本マネジャー、昨年の今頃はタイの洪水の対応で出張していたなあ……。でも、出張先の話は本題ではありません。久保田君は本題の消費税の話に戻そうと一言口をはさみました。

 「消費税の宿題なんですけど……」

 「初めての人にも分かりやすい、消費税の仕組みを説明する資料とのことだったはずですが、一度説明してもいいですか?」

 「待って。その前に暑いからお茶を買ってきます!」

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news147.jpg

マイクロアド関連会社、上海発の訪日クルーズ船内で日本の商品を販促
マイクロアド・インバウンド・マーケティングは中国の訪日クルーズ船と提携し、上海から...

news136.jpg

「KANADE DSP」が機械学習を活用してコンバージョン獲得コストの自動最適化機能を強化
京セラコミュニケーションシステムは「KANADE DSP」において、コンバージョン獲得コスト...

news131.jpg

日本のマーケターはプログラマティックとソーシャルに積極的、AdRollが調査
AdRoll日本法人は、日本のプログラマティック(運用型広告/データに基づくリアルタイム...