2013年01月23日 17時30分 UPDATE
ニュース

NEWS医療機関向けATOKを発表、ジャストシステム

医療関連用語を迅速に変換・入力するための辞書登録や設定機能を搭載する日本語入力支援ツール。電子カルテと連携するローミング機能によって、診察室や医局などどの場所のPCでも自分の使い慣れた入力設定を利用できる。

[TechTargetジャパン]

 ジャストシステムは1月22日、医療機関向けWindows環境の日本語入力システム「ATOK Medical for Windows」を2月28日に販売開始すると発表した。

 ATOK Medical for Windowsは、電子カルテシステムのログイン/ログアウト情報と連携し、医療従事者ごとのユーザー辞書や設定などを反映できる「ローミングツール」を搭載。同一の電子カルテに接続する端末であれば、自分の使い慣れた入力環境をどの端末でも利用できる。

 また、ATOKのメニューを医療現場でよく使われる「単語登録」「入力方法の切り替え設定」の2項目に限定。さらに、最初の数文字を入力するだけで医療用語や病名などが入力できる「省入力データ」を収録。これらにより、入力の時間や手間を削減したり、誤操作の減少に役立つという。

photo ATOKのメニュー項目の比較

 その他、システム管理者向けツールを提供する。蓄積されたユーザー辞書の移行などの作業が簡単になる。ATOK Medical for Windowsの販売価格は、1ライセンス当たり7000円(税別)。

 ジャストシステムは同時に、医療関連用語46万語を収録した「医学辞書2013 for ATOK」を発売する。標準病名マスター(一般財団法人 医療情報システム開発センター)に従い、変換時に標準病名であることを表示。複数の表記方法がある場合、日本医学会医学用語管理委員会が「標準的」としている表記に「推奨表記」の単語コメントを付ける。これにより、標準化された用語の正確な入力を支援する。

 また、ATOKと連携することで電子カルテの入力や各種書類、リポートなどの作成を容易にするという。医学辞書2013 for ATOKは、1ライセンス当たり6000円(税別)。同社は、半年に一度の頻度で最新の「医学辞書」データを利用者に提供する予定だ。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットは信用できるのだろうか?
パーソナルデータのマーケティングへの利用を消費者はどう感じているか、ソーシャルログ...

news071.jpg

フィードフォース、セルフサービスでデータフィードの作成・管理が可能なプラットフォームを提供
フィードフォースは、データフィードの作成・管理・最適化を広告担当者自身で行うことの...

news081.jpg

Facebook広告にオフラインでの行動データを活用、アクシオムがデータ提供
フェイスブックジャパンとアクシオムジャパンは、アクシオムが提供するオフラインでの消...